『この素晴らしい世界に祝福を!9巻』感想。めぐみん全開な巻なんだけどアクアの煽り芸も冴えていたかとw

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命 【電子特別版】<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫)

どうも、カカオです。
『この素晴らしい世界に祝福を!9巻』を読了したので感想をば。
なお、9巻の初回限定オリジナルアニメブルーレイの感想はこちら以下のリンク先にあります。
『この素晴らしい世界に祝福を!9巻』特典の感想。カスマと呼ばれても仕方のない所業ですなw

SPONSORED LINK

 

☆あらすじ

邪神ウォルバクの手により、王都が危機――そんな知らせを耳にしためぐみんは、イヤがるカズマを引き連れて、戦いの最前線へと向かう。そこで判明したのは、ウォルバクも爆裂魔法の使い手であるという事実で――。

めぐみんな巻なようでいて、序盤ではダクネスが縛られた状態でトイレの危機に陥ったりととんでもないことになってました。
ちなみにダクネスを縛ったのはカズマですけど、縛ってくれと頼んだはダクネスです。
やっぱとんでもねぇw
そしてトイレの危機好きですなこのすばw

 

☆めぐみんとウォルバク

この素晴らしい世界に祝福を! めぐみん 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
9巻を読んでいて思いました。

 

コレ、スピンオフ読んでないと厳しいぞ…

 

と。
これまでもちょいちょい『この素晴らしい世界に爆焔を!』を読んでいたほうがオモシロくなるエピソードはあったんです。
けれど読んでいなくてもまぁどうとでもなるレベルでした。

 

が、

 

9巻で戦うことになる魔王軍幹部で邪神のウォルバクは、めぐみんが爆裂魔法を覚えることになったキッカケであり、そこらへんの事情や騒動は『この素晴らしい世界に爆焔を!』の1~3巻に描かれています。

 

そのウォルバクが後半になってドドンと物語本筋に関わってくるんですよ(苦笑)
9巻はもはや『この素晴らしい世界に爆焔を!』必読レベルっすね…。

 

若干ネガティブな書き方ですけど、スピンオフもスゴいオモシロイんでそういう意味でも必読ですぜ。
このすばファンなら読んでおくことをオススメしまっす!

※『この素晴らしい世界に爆焔を!』関連記事はこちら↓
『この素晴らしい世界に爆焔を! 3』感想。めぐみんがカズマと出会うまでの出来事が分かって大満足です!

『この素晴らしい世界に爆焔を! 2』感想。2巻もめぐみん尽くしでした!

『この素晴らしい世界に爆焔を! 1』感想。めぐみん尽くしでした!

 

☆アクアだけが未だに…

ねんどろいど この素晴らしい世界に祝福を! アクア ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
印象的だったのがアクアとウォルバクの口喧嘩ですねぇ。
ウォルバクは魔王幹部でありながら神格を持っている元女神らしい。
ちょむすけに力を結構持ってかれてるので本来のパワーは出せないようだけど。

 

そんなウォルバクをアクアがマイナー神だのなんだのと煽りまくっていたのがなんともw
アクアの「プークスクス」はもう定番ですなw

 

しかもアクア、ウォルバクにすら女神だと信じてもらえないという…。
ちょっと可愛そうになってしまった(苦笑)

 

煽ったり怒ったり泣いたりと9巻も大変だったアクアなんですけど、彼女だけは未だにカズマとイイ感じになってないんですよね。
ダクネスとめぐみんはもうカズマハーレム(ゲスい響きだなw)の一員みたいなもんですけど、アクアだけは我が道を突き進んでます。

 

とかくラノベはハーレムに走りがちで、このすばもその例に漏れない具合になってはいるんですけど、アクアのようにこれだけ目立っておきながらハーレムの一員に全くなりそうにないキャラというのは新鮮でイイなと。
うん、それだけw

 

☆めぐみん、前へ進む

この素晴らしい世界に祝福を! 爆裂道 ドライTシャツ ホワイト Mサイズ
爆裂魔法を覚えるキッカケのウォルバクに爆裂魔法を放って倒す。
運命というには悲しい結末だったけれど、そこはこのすば。
決してシリアス展開になんて持ち込みませんw
多少、めぐみんがしんみりしたぐらいですね。

 

めぐみんが抱えていた爆裂魔法にまつわるエピソードは、これにてほぼ完結ってことになりましたな(ウォルバクがちょむすけの中で生きているような描写があるんで「ほぼ」です)。

けれど、終盤でめぐみん視点に切り替わってカズマのことを想うめぐみんの気持ちが描かれていて、

 

あぁ、めぐみんは別の目標に向けて前へ進んでいくんだなぁ。

 

と感じさせてくれたのがグッド。
アニメ2期がここまでのエピソードを映像化してくれるとは思ってませんけど、いつか映像化してほしいシーンでしたなぁ。うん。

 

 

 

※原作「このすば」関連記事はこちら↓
『この素晴らしい世界に祝福を!12巻』感想。カズマ、めぐみん、ダクネスの三角関係が完成。

『この素晴らしい世界に祝福を!12巻特典ブルーレイ』感想。あのオッサンが再び…w

『この素晴らしい世界に祝福を!11巻』感想。初心を思い出したようなこのすばでした。

『この素晴らしい世界に祝福を!10巻』感想。この勇者みたいなアイリスに祝福を!

『この素晴らしい世界に祝福を!8巻』感想。この奥ゆかしい女神様に祝福を!(注:アクアじゃないですw)

『この素晴らしい世界に祝福を!7巻』感想。僕の知ってるカズマさんはこんなにカッコよくないんだけどw

『この素晴らしい世界に祝福を!6巻』感想。カズマVSミツルギ再びw

『この素晴らしい世界に祝福を!9巻』特典の感想。カスマと呼ばれても仕方のない所業ですなw

『この素晴らしい世界に祝福を!5巻』感想。第2次めぐみんトイレの危機勃発からの紅魔族誕生秘話までとにかく内容が濃いw

『この素晴らしい世界に祝福を!4巻』感想。アクシズ教徒がいっぱい登場していっぱい困った話でしたw

『この素晴らしい世界に祝福を!3巻』感想。アニメ1期後に突入…オモシロイ!!2期が待ち遠しいぜ!!

『この素晴らしい世界に祝福を!2巻』感想。アニメ版がかなりカットされていることが明らかに…!

『この素晴らしい世界に祝福を!1巻』感想。1巻にはアニメでカットされたウィズとの出会いのエピソードが読めるぞ!

※オススメ記事はこちら↓
その意味不明に高い通信費を安くしてラノベでも買いません?

小説家志望にオススメのバイトはコレ!

削れるところはギャリギャリ削り、費やすべきところには躊躇無く費やすスタイルですが何か。

何をするにしても確保すべきは「時間」です

※オススメ記事
三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。