創作の数をこなすことの大切さを再確認できました!by 『成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方 』を読んだカカオ

 

成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方

先日もレビューしましたけど、スバラシイ内容だったのでさらにレビューを重ねるスタイル。

 

☆チャンスを掴みたければ数をこなすのです。

電撃大賞の一次選考突破を目指していた頃の話なんですけど、完成品をどんどん増やしていくことを目指して僕は小説を書いていました。
一度に4作品の長編を投稿したときもありましたね。
それを踏まえて以下の抜粋を読んでみると、僕のやったことは間違っていなかったなぁという思いを強くしました。

一回の目的ある賭けにはある程度の成功確率しかないとすると、賭けの回数を増やせば増やすほど、成功しやすくなる。何度も挑戦すればするほど、うまくいく確率は高くなるというわけだ。芸術界におけるピカソの影響力から想像すると、ピカソは想像以上に数多くのサイコロを振ったに違いない。実際、その通りだった。  パブロ・ピカソは生涯に五万点以上の作品を描いた。一〇万点を超えるという説もある。一日あたり二点から四点のペースである

ピカソが凄すぎて僕が完成させた小説の数など大したものに思えませんけど(苦笑)
偉大な画家ピカソですけど、駄作も相当な数あるとのこと。
まさに数打ちゃ当たるのスタイルです。

チャンスを掴むには掴める場に向かわなくてはならない。
そしてその場所は完成した作品を持っていかなければならない。
ならば、数をこなしてチャンスを掴めるかもしれない機会を増やしていけばイイというワケです。

 

☆じっくりタイプの人は辛い時代

いやいやじっくり創作に臨んだほうがイイだろう。
そう思う人もいるかと思います。
実際、そういうスタイルの作家さんも多いですし。

ただ、今の時代って数こなせる人のほうが圧倒的に有利なんです。
コンテンツ過多の時代なんで、次から次へと新しいモノが溢れてくる。
それは小説も絵も、あらゆるコンテンツで言えることで、まったりしている間に置いてけぼりを食うことは目に見えてます。
待っていてくれる固定ファンが作れればイイんですけど、固定ファンを固定させておくためにも、やはりどんどん作品は生み出すべきです。
覚えがありません?
この作品全然続編でないからもういいや…って思ったことが…。

 

☆数をこなすと起こるイイこと

スピード上げて数をこなしていけば、上達も早いです。
ピカソは駄作を積み上げたけれど、それらは決して無駄じゃなかったのです。
駄作を積み上げて何になるんだ、と思っている方は、そこらへんのことも考えたほうがイイです。

って、趣味で創作してる方はまったりでもぐったりでも何でもイイですよw
ただ、絵でも小説でもスポーツでも、
何かを上達してければ数をこなす。
チャンスを掴みたければ数をこなす。
これは間違いないかと。

 

☆まとめ

夢中になれれば数は自然にこなせます。
夢中になれる何かを探すことが肝要だと僕は思いました。

最近の僕だとこのブログの運営ですね。
楽しくて仕方がないです。
更新頻度も一日4記事~5記事ぐらいと、更新頻度だけで言えば結構高いほうです。
けれど夢中になった結果、自然とそうなったんです
もっとも、ピカソじゃないけどPV数少ない記事がかなーりあります。
けれど、そんな中でたまにたくさん読まれる記事や、延々と読んでもらえる記事が誕生するからオモシロくてやめられません。

夢中になれるモノを見つけよう。
見つけたら、とことん時間を費やそう。

この記事で取り上げた内容は『成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方』のほんの一部です。
そもそもクリック・モーメントってなんぞやって話ですよね。
スバラシイ内容なので是非一読してみては?
 

 

※オススメ記事はこちら↓
カカオってどんな人?

その意味不明に高い通信費を安くしてラノベでも買いません?

小説家志望にオススメのバイトはコレ!

削れるところはギャリギャリ削り、費やすべきところには躊躇無く費やすスタイルですが何か。

何をするにしても確保すべきは「時間」です

※カカオのオススメ本たち
2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

SPONSORED LINK