『オレと彼女の萌えよペン 増刊号』感想。ただの短編集だと思ってたけど実は…。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

オレと彼女の萌えよペン 増刊号<オレと彼女の萌えよペン> (富士見ファンタジア文庫)

どうも、カカオです。
『オレと彼女の萌えよペン 増刊号』を読了したので感想をば。

SPONSORED LINK

 

☆あらすじ

最高の漫画を描くためにネタを探す、俺と茉莉の日々はいつも騒々しい。でも、みなせたちを水着モデルにしてデッサンしたり、学園祭でカップルコンテストに出たり……「萌え」を学ぶために、ここまでやる!?

実はこんなエピソードもあったんだよ~的な短編集でした。

が、

5巻から数年経ったエピソードも収録されていて、それがもう明らかに真のエンディングのような作りになっとりましたね。

ただの短編集だと思って読んでいたんで驚きましたw

 

☆自作品のコラボって難しい。

一番印象的だったエピソードは、やはり5巻から数年経った泉と茉莉の話です。
漫画家としては順調で、しかもアニメ化まで決まったり。
完結後のアフターストーリーではありますけど、アニメ化を目標にしていた二人だったので、これが真のエンディングだと僕は思いました。
あと、よもや大学生でプロポーズまでしてしまうとは…。

次に印象に残ったのはオタリアとのコラボでしたね。
作者さんの別作品なんですけど、ムラサキさんがどちらの作品にも登場してますな。
ただ、やはりオタリアを読んでない人にはちと厳しい内容だったかなと…。
特に柏田なんてろくな特徴がないから活字だけになると厳しい(苦笑)

自作品コラボはやるならWEB上がイイと僕は思いますね。
お金払って知らん作品のキャラが投入されても楽しめない人にとっては「?」って感じですし。
僕はオタリアも読んでたんで楽しめましたが。
小豆ちゃん推しなので余計に楽しめたw

 

 

※『オレと彼女の萌えよペン』の関連記事はこちら↓
『オレと彼女の萌えよペン5』感想。ハッピーエンドのお手本!

『オレと彼女の萌えよペン4』感想。三角関係ってある意味ぬるま湯…。

『オレと彼女の萌えよペン3』感想。テッパンイベントのリアリティの無さがミソ!

『オレと彼女の萌えよペン2』感想。ヒロインの呼び方が変わると印象が全然違いますなぁ。

『オレと彼女の萌えよペン』感想

※カカオのオススメ本たち
2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ

※オススメ記事
三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。