規定枚数オーバー

SPONSORED LINK

 

先月、無事に初稿を書き上げた長編小説を今日から推敲し始めました。
手始めに枚数をチェックしたら、42字34行というお馴染みのフォーマットで138枚でした。8枚オーバー、か…。書いている段階で薄々はわかっていたけれど、いざオーバーしたことがわかるとちょっと厄介だなぁと思わずにはいられないのが正直なところ(汗)
電撃に応募しようと思うので、とにかく規定内の130枚には納めなければ。
で、今日削ったのがおよそ四枚分。
あとさらに四枚削らないと。
しかし、読み返していくと加筆したい箇所もあったりで、結構難題ですぜこりゃ。

 

Kindleで小説出すならコレを読むべし・誰でも簡単に書ける!「ストーリーの書き方・入門」 桜風涼の実用本
Kindleで小説出すならコレを読むべし・誰でも簡単に書ける!「ストーリーの書き方・入門」 桜風涼の実用本

 

小説の創作指南書なんかでも、この削り作業は大変だけれど大事だ、みたいなことが書かれていたなーと、毎回こういう事態に陥ると思い出しますね。どの創作本だかは忘れたけれど。
とにもかくにも何度も読み返し、削れるところは削り、無駄を削いで文章をブラッシュアップいきたいと思います。
がんばっぞ!

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

1週間でマスター 小説を書くための基礎メソッド―小説のメソッド 初級編
1週間でマスター 小説を書くための基礎メソッド―小説のメソッド 初級編 奈良 裕明 編集の学校雷鳥社 2003-04
売り上げランキング : 6682

Amazonで詳しく見るby G-Tools

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫) 1週間でマスター 長編小説のかたち―小説のメソッド〈3〉未来への熱と力 (1週間でマスター―小説のメソッド) ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫) 小説講座 売れる作家の全技術  デビューだけで満足してはいけない 新装版 冲方丁のライトノベルの書き方講座 (このライトノベルがすごい!文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA