やはりストレスは万病の元 by 『9割の病気は自分で治せる』を読んだカカオ

SPONSORED LINK
9割の病気は自分で治せる<9割の病気は自分で治せる> (中経の文庫)

『9割の病気は自分で治せる』を読了したので感想をば。

SPONSORED LINK

 

☆倒すべきはストレス

自然治癒力を付けたいなーと思って読み始めたんですが、

 

やっぱストレスっていかんね…。

 

っていうのは結論ですね。

実践した効果を左右する、最も肝心なこととは、一言で言えば、みなさんが受けているストレス負荷の度合いなのです。噛み砕いて言えば、みなさんがどれだけ快適に楽しく生きているかということです。自分のしたいことをやっているか? 嫌なことが多くないか? 異常に我慢をしていないか? 毎日が楽しいか? 心配事が多くないか? 疲れていないか? ……ということです。

てな具合に書かれていました。
自然治癒力を高めるための運動や生活習慣についても述べられていました。
1日6000歩は歩く、とか他にも色々。
参考にはなったんですけど、結局のところストレスをどうにかせねば根本的な解決にはならなさそうです。

 

☆ストレスを戦うにはどうするべきか

非常にシンプルですが、「自分のやりたいことをやる」「嫌なことはできるだけやらないように工夫する」「あまり我慢をしない」、これが意外にも自己治癒力を高める強力な手段なのだということを、数多くのがん患者さんやがんサバイバーの方たちから教わりました。

ハードルが高い、と思った方も多いのでは?
実際、スケジュールがガッチリ固められてにっちもさっちもいかない状態な時ってあると思うんです。
けれど、ストレスが溜まるいっぽうでは病気にかかりやすくなります。

病気とは、鬱病などの心の病だって入ってますよ?
正常な判断ができなくなって最悪…なんてことも考えられます。

 

そうならないためにも、少しずつでイイからストレスと向き合い、減らす工夫が必要です。
例えば「あまり我慢をしない」という目標をクリアするのなら、嫌な飲み会の途中で退席する、あるいは嫌な飲み会そのものを断ってしまうなども手です。

 

「自分のやりたいことをやる」を実行するのにオススメなのは、やりたいことリスト100を作ってみることですね。
僕も実践してしますけど、自分のやりたいことって案外忘れちゃってるものです。
けれど書き出して可視化することで把握し、実行に移しやすくなる効果がありますよん。
※関連記事はこちら↓
やりたいこと100個挙げてみた結果

僕が片付けを始めることが出来たのは「やりたいこと100」のおかげです。

 

僕のようにドドン!とニート休暇を取るほどではないにしても、そういったストレス打破のための策を考え、実行していくことが自然治癒力を高めるための第一歩です。

社畜なんてやってたら、自然治癒力は高まるどころか下がるいっぽうです。
職場は選んでいきましょ。

☆まとめ

ストレスにスポットを当てて紹介しましたけど、自然治癒力を高めるためにできることも多く載っていて、病院や医師との関わり方についても述べられているのでとても参考になる一冊です。
一家に一冊あってもイイと言えるほどに名著だと僕は思いました。

医者嫌いな僕にとってはまさに救世主w
いやもちろんいよいよ体調がアカンと思ったら病院に行きますが(汗)

 

9割の病気は自分で治せる<9割の病気は自分で治せる> (中経の文庫)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
KADOKAWA / 中経出版 (2012-11-16)
売り上げランキング: 16,413

 

※オススメ記事はこちら
デスクボードを使って執筆環境を改善したよっ!

続・明日があると思って生きるなよ?

職業欄が「無職」でも誰も気にしないよ。元古本屋店員が語る職業欄について。

※オススメ記事はこちら↓
その意味不明に高い通信費を安くしてラノベでも買いません?

小説家志望にオススメのバイトはコレ!

削れるところはギャリギャリ削り、費やすべきところには躊躇無く費やすスタイルですが何か。

何をするにしても確保すべきは「時間」です