ノートを取ってもらえない先生って可哀想だね。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
notnote

思い返してみると不毛だったよなー、と思うことが中学時代には多々あって、その中の一つが先生による「ノート点検」でしたねぇ。

どれだけ授業に意欲的なのか、参加しているのかを調べるためにやっているんでしょうけど、自分が書いたモノをどーして見せたくない人に見せなきゃならんのよと僕は思ってましたなぁ。
例えているならネタ帳を他人に見せるよーなもんでしょうか。
やめて(泣)

イヤだと思いつつもノートを提出していたのは、先生には逆らってはいけないという謎のお約束があったからです。
学校がサラリーマン養成所だと言われるワケですな。

ノートを取っていない生徒がいるとしたら、それは先生がやっている授業がつまらないからでしょう。
どう考えても。
俺の授業を聞いていないとはどういうことだ、と憤る前に、聞いてもらえる程度のクオリティに高めてくださいな。
え?
何言ってるか分かりせん?

 

ぶっちゃけ、先生の授業って超つまんないですよ。

 

…って、当時の先生たちに言いたいなー。

 

バカとテストと召喚獣(14)<バカとテストと召喚獣> (角川コミックス・エース)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
KADOKAWA / 角川書店 (2016-03-26)
売り上げランキング: 27,727

 

※オススメ記事はこちら
デスクボードを使って執筆環境を改善したよっ!

続・明日があると思って生きるなよ?

職業欄が「無職」でも誰も気にしないよ。元古本屋店員が語る職業欄について。

※物書きならポメラあるといいよ!ポメラ関係の記事はこちら
ポメラだって文字数ぐらい調べられるから!ポメラで文字数を調べる方法を解説してみた

ポメラは小説に向いているのかどうか考えてみた

僕がポメラを手放せないたったひとつの理由

ポメラDM100の使い心地について僕が思ったこと

物書き達よ、ポメラを持って部屋を出よう!

ポメラDM100を購入して1年経った僕が後から追加で買った3つの物


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。