『天空監獄の魔術画廊 4』感想。いよいよ終盤ですかな?

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

天空監獄の魔術画廊 IV【電子特別版】<天空監獄の魔術画廊> (角川スニーカー文庫)

どうも、カカオです。
『天空監獄の魔術画廊 4』を読了したので感想をば。

SPONSORED LINK

 

☆あらすじ

「天空の大監獄」に閉じ込められたリオンの前に現れたのは、昔からの知り合いで吟遊詩人の少女・ユフィリアだった。彼女を加えた5人の少女と共に脱獄を実行しようとしていたその矢先、突如激しい襲撃を受け――。

☆同じ怒りでも随分扱い方が違う。

とにかく目立ったのが復讐にかられたハイネですなー。
クレアを失った直接の原因を作ったヴァレリアに遭遇したときのキレっぷりは完全にスーパーサイヤ人w

ただ、同じ怒りで動いているのにハイネとスーパーサイヤ人だと扱いが全然違うのが興味深いんですよねぇ。
スーパーサイヤ人は怒りを正当化しパワーアップしているのに対し、ハイネの怒りは否定されてあまつさえクレアはそんなこと望んでない空気まで醸し出している。

いや流れ的にクレアはきっとあの世でそんなこと思ってそうだよなーと思えるんですけど、これが昨今の主流なのかなと興味を持ちまして。

果たしてフリーザにやられたクリリンは、怒る悟空に「もうやめてくれ」と思ったのか。

…ドラゴンボールに触れすぎですなw
スイマセン。

 

にしても「脱獄王なんて関係ない」って言っていた割にハイネはヴァレリア見てブチ切れててちょっとおかしかったw

 

☆仕込みが上手い!

結局リオンたちの脱獄は失敗。
ここで得られたのはリオンがフィーネにパトロンになってもらったことぐらいでしょうかw

エピローグでズタボロにされるリオンに「あー…」となったのは僕だけではあるまい。
そこから早々に逆転劇の始まりを予感される描写を入れているのはスゲェなと思いましたが。

 

脱獄劇の最中に、しっかりと仕込み(ブローチ)があったと。
その仕込みはもっと遡ってユフィが天空監獄にいたところから始まってたんですな。
スバラシイ。

その後地上で打倒天空監獄の準備が整い、師匠が神獣をぜーんぶ駆逐済み&天空監獄へ攻撃を仕掛けるというミラクルな展開にw

終盤な匂いがプンプンしますなー。
早いとこ5巻読まないと。

 

 

 

※『天空監獄の魔術画廊』の関連記事はこちら↓
『天空監獄の魔術画廊 5』感想。キリカ、レオナ、アネット、フィーネを丸っとね!

『天空監獄の魔術画廊 3』感想。アネットが直球勝負に出た!

『天空監獄の魔術画廊 2』感想。2巻になってさらにオモシロくなったぞ!!

『天空監獄の魔術画廊』感想。ギリギリというかアウトな描写っぽいけどオモシロイんでOK!!

※オススメ記事
三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。

※物書きならポメラあるといいよ!ポメラ関係の記事はこちら
ポメラだって文字数ぐらい調べられるから!ポメラで文字数を調べる方法を解説してみた

ポメラは小説に向いているのかどうか考えてみた

僕がポメラを手放せないたったひとつの理由

ポメラDM100の使い心地について僕が思ったこと

物書き達よ、ポメラを持って部屋を出よう!

ポメラDM100を購入して1年経った僕が後から追加で買った3つの物