『純潔のマリア第1話』感想

Philosophy of Dear World(アニメ盤)
Philosophy of Dear World(アニメ盤)

 

 

※ネタバレ注意

 

 

『純潔のマリア』の第1話を見たので感想をば。

 

☆魔女


中世ヨーロッパを舞台にしたファンタジー。魔女のマリアを主人公に、サキュバスやらほかの魔女なども登場し、戦乱の世を描いている。
1話目を見る限りでは、やや下ネタ寄りのギャグ有りとはいえ、暖かみのある作品という印象でした。少女アンの存在が大きいですね。
もっと暗い作品かと勝手に想像したので、これは意外でした。

 

☆キャラがいきいきしてる


マリアを筆頭に、どのキャラもいきいきしていたのが印象的。1話目はとにかくマリアの『純潔』っぷりが強調されていて楽しかった(笑)CVの金元さんの声もとてもよく合っていたし、サキュバスの日笠さんも良い感じ。
今のところ今期見た作品の中では1番面白い作品です。今後も見ること確実!

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA