『夜ノヤッターマン第1話』感想

SPONSORED LINK

極限Dreamer(アニメ盤)
極限Dreamer(アニメ盤)

 

 

※ネタバレ注意

 

 

『夜ノヤッターマン』の第1話を見たので感想をば。

 

SPONSORED LINK

 

☆ドロンボー一味の子孫


ヤッターマンは子供の頃に夏休みだかに見たような記憶が…というほどに記憶が曖昧なのですけど、ヤッターマンやドロンボー一味の絵を見ると「ああこの作品ね」とわかるから不思議。
で、今作はというと、ドロンボー一味の子孫たち視点の物語。驚くことにドロンボーたち、罪を償うだかで辺境の村に追いやられ、その子孫であるレパードたちは未だそこに住んでいるという。
レパードは母の病気を治すため、ヤッターキンダムへ向かうが追い返されてしまう。その後、レパードの母は死んでしまう。
レパードたちはヤッターマンにお仕置き(デコピン)をかますべく、新生ドロンボー一味となってヤッターマンに挑戦を決意した。

 

☆不覚にも感動


レパードがとても良い子で、母親を想っている様に不覚にも感動してしまった。先祖がやったことなんぞ知ったことか。なんだって自分まで…。そんな理不尽な想いがひしひしと伝わってきた。
いったいどうやってヤッターキングダムに乗り込むのか、先が気になる。

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA