シズさん、あなたは無敵ですw 本レビュー 成田良悟『デュラララ!!×2』

SPONSORED LINK

デュラララ!!×2 (電撃文庫)
デュラララ!!×2 (電撃文庫)

今日はデュラララ!!×2を読了したので、そのレビューをば。
いやぁ、面白いですデュラララ!!。1巻で心を鷲づかみにされ2巻も読んでみましたが、さらに物語が広く展開して目が話せない状況に!
これは3、4……と読み続けなければ。

さて、レビューいきまっしょい。

 

☆あらすじ


1巻から1年ほど経った池袋。辻斬り魔が現れ、黄色いバンダナを巻いた者が増殖。にわかに異常事態が常態化する池袋で、セルティや平和島静雄など各面々が躍動する。とりわけ今作は平和島静雄にスポットが当てられていました。辻斬り魔は多くの人を傷つけ、なぜか平和島静雄を狙う。静雄はセルティが辻斬り魔に襲われたと知ってブチ切れてしまい、闘うことを決意してセルティを慌てさせる。
一方、杏里はセクハラまがいに迫る教師や己の生き方に悩みつつ、事件に巻き込まれていく。

 

☆なんだかんでファンタジー


1巻のレビューのときにも書きましたが、現代モノに見えてしっかりとファンタジーですよなぁと。
首無しライダーのセルティを筆頭に、今回は妖刀ですよ。人間を支配し操る……まさにファンタジー。
けれど不思議と現代の池袋にマッチしていて、読んでいて違和感がありません。そこらへんは作者さんの力量なんでしょうかね。さすがです。

 

☆シズさん強すぎ……


ファンタジーと言えば、平和島静雄の強さもある種のファンタジーですよなw
人間の脳はその人本来の力を日頃抑えているけれど、火事場の馬鹿力という言葉があるように、いざというときにはそのリミッターを外して爆発的な力を発揮することが可能です。
平和島静雄の場合は、火事場でなくても爆発的な力を振るうことができる。それが彼の特異な力です。要は常にリミッターが外れている状態ってわけですな。
うん、ファンタジーだw
『ドア、借りるぞ』
というセリフは、シズさんにしか発することができないでしょうw

 

☆未熟な自分に気付かされる


妖刀の親玉が実は杏里で、冒頭でセルティを刺したのも実は杏里だったというまさかの展開に気が動転した僕です。はい、作者さんの思いのままですねw
いやでも、本当に読んでいて驚かされてばかりです。終盤で怒涛のように明らかになっていく事実に、読み手としても、そして小説を書く者としても「うおっ……」とボディブローを食らうかのような気分に陥ります。自分の書き手としての未熟さが、イヤと言うほどわかってしまいました(苦笑)
けれど、そういう思いを味わうためにも、僕は本を読んでいるので、これは良い機会を与えられたと思っています。
執筆、頑張りますよ!

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA