僕がアニメレビューを書く時にやらないたった1つのこと。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
yaranaikoto

どうも、カカオです。
先日、このブログのアニメ感想記事が1000記事を越えたコトを伝えました。

好きでやってるとは言え、
よくそんな書いたよなぁと思うと同時に1つの疑問が。

 

どうしてそんなに書けたんだ僕は…。

 

「好きだから」というのももちろんです。
ただ、好きなことにもしんどい工程ってあるじゃないですか。
ガンプラ作りだと合わせ目消しとかw

たとえ好きなコトでもずーっとやってると、
「もうやりたくない」って思うコトだってあるんです。

けれど、アニメの感想を記事にするコトに関しては全く「やりたくない」気持ちが湧きません。
なぜ?

自分のコトだろって思うかもしれませんけど、
これが意外と分からなかったんです。

でも、ほかのアニメの感想記事書いてるブログをいくつか見て気付きました。

 

しんどいコトはしない。

僕は感想にあらすじを書いてなかったんです。
アニメレビュー記事を書く時にやらないたった1つのコトとはコレです。
思ったことをポンポン吐き出してる具合なんですよ。

特にここ何ヶ月かは自分のツイートを
埋め込んでさらにその傾向が強くなってます。

アバンはこうで、
Aパートは~、
Bパートは~、

てな具合にあらすじを書いた後に感想を書くほうが親切です。
ただ、あらすじを延々と書くのってしんどいんですよ僕は。
それより思ったことをポンポン撃ちたい。

あとしんどいコトやると続きません。
人生経験上、それが分かっているから自然とあらすじを書くことをスルーしていたのかも。

 

続けるコトを優先する。

あらすじを書くことのメリットは、
そのエピソードを見逃した人にも内容が伝わるコトですね。
これはデカイ。

つまり、あらすじを書いてない僕の感想記事を見ても、
見逃した人には断片的にしか伝わらないか、
あるいは全く伝わらないコトだってあるでしょう。
このデメリットによるダメージはデカイなぁ(苦笑)

が、

デメリットを考慮に入れても、
僕はあらすじを書くつもりはありません。
前述のように、しんどいコトをしてると続かないですから。
また、感想を不特定多数の人に伝えたいのであって、見逃した人をターゲットにしてないからでもあります。

好きなコトをバンバン書いて記事にする。
当然、見てない人には伝わらない。
が、
見た人には分かるし、
もしかすると共感してもらえるかもしれない。
それでイイんです。

何より、好きなコト続けるって気持ちイイですぜ。

 

それにまぁ、アニメ見逃した人はまとめブログとか見ますよ絶対w

 

※オススメ記事はこちら
デスクボードを使って執筆環境を改善したよっ!

続・明日があると思って生きるなよ?

職業欄が「無職」でも誰も気にしないよ。元古本屋店員が語る職業欄について。

※物書きならポメラあるといいよ!ポメラ関係の記事はこちら
ポメラだって文字数ぐらい調べられるから!ポメラで文字数を調べる方法を解説してみた

ポメラは小説に向いているのかどうか考えてみた

僕がポメラを手放せないたったひとつの理由

ポメラDM100の使い心地について僕が思ったこと

物書き達よ、ポメラを持って部屋を出よう!

ポメラDM100を購入して1年経った僕が後から追加で買った3つの物