『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?4』感想。アルマリアが切なすぎて涙腺が崩壊しました…。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#04<終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?> (角川スニーカー文庫)

どうも、カカオです。
『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?4』を見たので感想をば。

SPONSORED LINK

 

あらすじ

ヴィレムとネフレンが五百年前に滅んだはずのヴィレムの故郷で目覚め、すでにいないはずの五百年前の面々と時を過ごす。

けれど街の人々に徐々に異常が起き、
ヴィレムとネフレンは獣の成り立ちを知ることになる…。

って感じでした。
個人的な話なんですけど、
3巻を読んでからかなり間空いちゃったんで、
ちょっと忘れてるコトもちらほらあったのが悔やまれますなぁ(苦笑)

けれど、それでも感動必至のストーリーでしたよっ!

 

アルマリアはヴィレムとの約束のためにずっと…

僕は最初、ヴィレムとネフレンは
五百年前に時間跳躍してしまったのかと思ったんですよ。

 

まさかここから歴史を変えていくってか!?

 

…などととアクロバティックな
コトを考えたんですけど、
そこまでアクロバティックではなかったですねw

よもやアルマリアが夢の中に人々からゴマグの街まで丸っと保存していたとは…。

何より、アルマリアが誰よりも
早く獣になってしまったという悲しい事実…。

そして切ないのが、
アルマリアはヴィレムをずっと待っていたコト。

五百年という時の流れを考えると、
もう涙無しでは読めませんでしたなぁ。
…最近、涙腺が脆くなったなぁと思う今日この頃です(苦笑)

 

獣になったヴィレム。ネフレンも?

ラストでヴィレムが獣になって終わった。
しかもあとがき無し!
早いとこ続きを読めってかw

気になるのは一緒にいたネフレンですな。
彼女もまた獣になってしまったのだろうか。
そもそもヴィレムは獣になったんですかね。

ラスト1行を読むと、「誰」が獣になったかは定かにされていないというか…。
文脈からいくとヴィレムなんですけど。
むーん。

…近々続きは読みます。

関連記事

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?5』感想。命を賭けた小芝居も上手くいかないヴィレムの不器用さがグッとくる…。

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?3』感想。自分が自分でなくなっていく…じわじわ来る切なさに脱帽です。

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?2』感想

『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』感想

 

オススメ記事

三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。