『純潔のマリア第4話』感想

SPONSORED LINK

【Amazon.co.jp限定】 純潔のマリア I 特装限定版 (オリジナルアートカード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】 純潔のマリア I 特装限定版 (オリジナルアートカード付) [Blu-ray]

 

 

※ネタバレ注意

 

 

純潔のマリアを見たので感想をば。

 

☆捨てる捨てない議論


ailes(アニメ盤)
ailes(アニメ盤)
新たにビブという魔女がマリアの元にやってきて、話の流れからマリアの処女を捨てる捨てない議論に発展(笑)いやぁ面白かった。とくに話を振られたエゼキエルちゃんの反応がかわいかった。
可哀想なのはプリアポスでしたねぇ…。下半身事情は相変わらず解決しておらず、なんも付いてないなどとイブに罵倒される始末。でもなんだかんだでプリアポスはマリアを理解してあげているようで、その様子がほほえましかった。ただ、彼の自分の仕事に対する鬱屈した思いも窺えて、そこがちょっと気になるところ。

 

☆マリア


純潔のマリア I <特装限定版> [Blu-ray]
純潔のマリア I <特装限定版> [Blu-ray]
流行り病の村をどうしてマリアは救わなかったんだろうと思ったけど、村がマリアを拒否したのね…。神を信じて祈ってそれで廃村か。やりきれん。
プリアポスが言っていた「おまえは楽でいいなー。信じていればいいんだから」というセリフがなんとも痛快でした。たしかに信じてるだけなら楽そうだよなぁと。
それにしても、今回の話でビブが指摘した通り、単純に平和を目指すマリアだけど、それは価値観の押しつけだという見方もまた事実。戦争で飯を食っている人もまたいるわけで。ただそもそも、戦争で飯を食うこと事態が異常だと僕は思いますけどねぇ。マリアの言うとおり、畑仕事でもしてたほうがいいですよ。

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村