『ストライク・ザ・ブラッド12』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

ストライク・ザ・ブラッド (12) 咎神の騎士 (電撃文庫)

 

『ストライク・ザ・ブラッド12』感想を読了したので感想をば。

 

SPONSORED LINK

 

☆本土編

舞台は本土。行方知れずになった凪沙を追って古城たちも本土にやってきた(というかヴァトラーが救ったわけだけど)。
舞台が本土になろうと古城の周囲に群がる美少女たちとそれによるラッキースケベは相変わらず。

雪菜と古城のやり取りがどうにもこなれた感があって夫婦っぽくて笑えた。
「夫婦か!」とツッコミを入れた唯里に同感です(笑)

新キャラも多く登場しバトルも多く、
読んでいて退屈しない一冊でした。

例によって吸血して新たな眷獣が登場する件はよく言えば安定、悪く言えばワンパターンか。
でもこういうパターン化ってなんか安心感があって僕は好きですね。
むしろパターンを作るって難しいと思うんですよねぇ。
いかにも小説書きが抱きそうな感想でアレですが。

 

☆気になる伏線

ヴァトラーやらラ・フォリアが登場したものの、あんまり派手な活躍はなかったです。
ただ、登場させたからには何かしら今後の展開に関与してくるのでしょう。

ラ・フォリアは生き残った敵兵だかを冷凍してお持ち帰りだかしたみたいですし。
イブリスベールもなんだって日本に来たのかよくわかりませんでしたしね。

どうでもいいけど、イブリスと浅葱が結構仲良くなってたのがおもしろかった。
イブリス様はラーメンがお好き。

ストライク・ザ・ブラッド12 咎神の騎士<ストライク・ザ・ブラッド> (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2015-04-25)
売り上げランキング: 8,210
ストライク・ザ・ブラッド II OVA Vol.3(初回仕様版)【Blu-ray】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-03-29)
売り上げランキング: 1,155

『ストライク・ザ・ブラッド』関連の記事はこちら

『ストライク・ザ・ブラッド17巻』感想。零菜は何しに来たのかしらん…。

『ストライク・ザ・ブラッド16』感想。古城「ほんの先っちょだけでいいから!」

『ストライク・ザ・ブラッド14』感想。検査キットに薬指にはめた指輪…条件揃いすぎでしょw

『ストライク・ザ・ブラッド13』感想

『ストライク・ザ・ブラッド11』感想