【危険】「自分のためだけの小説」の執筆が楽しすぎて1年間書き続けてしまった件について。

SPONSORED LINK


後悔はしてない。
うん、してない…。

SPONSORED LINK

自分のためだけの小説を書いていた1年

ここ1年ほど、僕は自分のためだけの小説を執筆していました。
ようやっと先日それが完結し、
今はホッと胸をなでおろ……してません。

カカオ
なぜこんな長期間熱中していたのだろう…。

という疑問に僕の頭は支配されています。
この記事を書きながら、
自分のためだけの小説執筆になぜ熱中していたのかを考察していきたいと思います。

 

「自分のためだけの小説」とは。


そもそも「自分のためだけの小説」とは何なのか。
そこから説明していきましょう。

僕が「自分のためだけの小説」を書き始めたそもそもの発端は、電撃大賞に投稿するつもりで執筆していた小説が、規定枚数オーバーしてしまったコトが始まりです。

今執筆中の小説、規定枚数オーバーしてます、ブッちぎりにw
なぜなら僕自身が物語を全く終わらせる気がないからです。

僕が第23回電撃大賞の投稿を見送る3つの理由」より抜粋

書き始めたのは2016年に入ってすぐです。
上の抜粋文を書いてる段階で余裕で20万文字近くいってましたね。
この枚数オーバーの作品を書いているのが楽しくなり、文字数はさらに肥大化。ついには

カカオ
「これはもう僕だけが楽しむ小説にしちまおうw」

という恐ろしく内向きな方向性が確定。
挙げ句、

カカオ
「どうせ僕しか読まないんだからほかの作品のキャラとか登場させちまおうw」

というコトになってFateのセイバーがサクッと召還されたのを皮切りに作品の垣根を越えて様々なキャラクターが登場。
ついには……

カカオ
「前の会社の(嫌な)上司とかやられ役として出すかwww」

なんて案も採用。
実名で元上司を登場させました(ちなみにその上司はエクスカリバーの直撃を受けて無事に消滅)。

こんな具合に

 

  • どこにも発表しない(というかできない)
  • 誰に読まれるコトも想定しない
  • 自分が好き勝手に執筆する

 

この3つの条件を満たした小説が、この記事でいう「自分のためだけの小説」です。

僕の場合、やっているコトそれ自体は二次創作の要素も入ってますが、二次も誰かに読まれるコトを想定してやっているコトがほとんどですよね。

ブンドドという言葉をご存知でしょうか。
簡単に言うと、プラモやフィギュアを戦わせたりして遊ぶコトです。
「自分のためだけの小説」とは、好きな登場人物に好きな動きをつけ、好きな表情を浮かべさせ、好きに心理描写を描く。
まさに小説的ブンドドなのです。

 

「自分のためだけの小説」の執筆は危険です。


新人賞に投稿したり、カクヨム辺りで書籍化を狙うべく日々ランキングを注視しているようなWEB作家さんは「自分のためだけの小説」は執筆しないほうがイイです。

いや、楽しい。
めっちゃ楽しいんですよ。

これまで読み手のコトを考えて執筆していたけれど、そうではなく「好き」に書いてイイ。
周囲の目を気にせず好きに踊れと言われてるようなもんです。いや踊らないけど。

ご都合主義万歳、
嫌いな知人、芸能人、元上司は漏れなくやられる。
可愛いキャラはもれなく主人公に惚れる。
何もかもが思いのままなのです。
まさに小説的ブンドド。
楽しすぎる。

反面、楽しすぎるが故に僕は1年間もの間夢中で書いてしまいました。
どこにも発表できぬ小説をw
文字数を計測してみたら90万文字ちょいでした。
どんだけ書いてんだ…。

こんな具合に、
ひとたびハマると抜け出せなく恐れがあるので、小説執筆ガチ勢にはオススメしません。

夢中になってしまったがために新人賞の締め切りに間に合わなかった、なんて悲劇も考えられますからね…。

 

これから小説を書いてみたい人にはオススメ。


【危険】などと煽っておいてなんですけど、全ての人にオススメできないワケじゃありません。
これから小説を書いてみたい人や、小説は書いてみたいけどどんな話書けばイイんだろ…
と、途方に暮れている方には「自分のためだけの小説」を執筆するコトはオススメです。

「自分のためだけの小説」を執筆するコトで、小説を書く最初の一歩を踏み出せますから。
何も書けないで一歩も進めずウジウジしてるぐらいなら、適当に嫌いな会社でもピックアップしてゴ○ラにでも破壊させちまいましょうw
執筆にも慣れますしね。

あと小説的ブンドドと言っているように、これはただの遊びです。
書籍化に興味ない方、小説執筆は趣味だと割り切ってる人にもオススメですね。ストレス発散になりますよ。

小説執筆には初期投資なんて大してかかりませんから誰だって始められます。

関連記事:小説好きは恐ろしく低コストで人生を遊べる件について

冲方丁さんの『ライトノベルの書き方講座』にもこんなコトが書かれています。

いつかはオリジナルを目指そうとか、そういうことは気が向いたらすれば良いことです。好きなように、好きなだけ、それを売れば毎年暮らせてしまうくらい、書いて下さい

 

まとめ


この記事の冒頭の「なぜ熱中していたのか」という自問に、僕はこう答えます。

 

とにかく楽しかったから。

 

と。
ただ、1年も続けていると

カカオ
そろそろ投稿したりしたいなぁ…。

と思うようになりましたね(苦笑)
そんなワケなんで、僕は執筆していた「自分のためだけの小説」を完結させました。
90万文字ちょい。長ぇw
ポメラをカタカタ打ち続けましたよ(苦笑)

関連記事:ポメラは小説執筆に向いているのかどうか考えてみた。

今は新作のネタを元に、
じっくりプロットを作っていきたいと考えてます。

ちなみに僕が書いていた「自分のためだけの小説」のラストは、人類総奴隷化計画を画策していた異界人デン・ツーを、セイバーがアクセルエクスカリバーインフィニティ(エクスカリバーの乱れ撃ちですw)によって粉々にして終わりました。
めでたしめでたし。

いやぁ楽しかったw

オススメ記事

三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。