『3月のライオン』第16話感想。クララ…じゃなかった桐山が立ったぞっ!

※ネタバレ注意

3月のライオン 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

どうも、カカオです。
『3月のライオン』第16話を見たので感想をば。

放火ではなく放科ブです。

桐山の出席日数問題はレポートを提出すればカバーできるもの…。
かと思っていたらまさかの実験が必要という展開に。

実験をレポートで代用させるコトはできないのか…。
「へぇ」と関心してしまたw

そこで先生は放科ブこと放課後理科クラブに協力を仰ぐ。
何も知らなければ物騒極まりない部活動としか思えん(苦笑)

放科ブの面々と桐山が楽しげだったのが先生じゃないけど感動しましたねぇ。
桐山おまえ、友達できそうやん…と。

 

クララ(桐山)が立った。

3月のライオン コンパクトミラー 【歩ニャー】
放科ブの部員たちに実験の協力をしてもらった後の先生のセリフに感動しましたなぁ。

誰かといっしょに頑張れば、クリアできる問題って結構あるんだ。

ひとりじゃどうにもならなくなったら、誰かに頼れ。

そして桐山は自分があかりさんたちに一度も頼られたコトがない事実に気付く。
なるべく川本家に頼らないようにしていた結果、頼られるコトもない状態に…。

桐山にこれまで足りなかったコトが露呈して、見ていてスッキリしました。
クララが立った、っていうのは的を射てますねぇ。

ひとりで頑張ろうとする姿勢も好きだったんですけど、もはやソロプレイでどうにかなる状況ではありません。

桐山もそろそろパーティーを組むときってコトだったんですな。
ネトゲ風に説明してしまってなんかスイマセンw

 

桐山、研究会へ。

てっきり島田八段が負けちまったのかと思ったのは僕だけではあるまいw

まさか勝ったほうが消耗するなんて…。
しかも次の対局に意気込めないほどにw

勝ちにいくと張りつめるっていうのはもはやプロの世界でどうにも理解できませんでした(苦笑。

そんな消耗した島田八段に桐山が研究会に入れてもらうよう頼んだシーンがスゴく好きです。
二人とも同じコト言おうとしていたなんて。

島田八段は桐山から入るコトを待つと言っていたんで、まさか研究会への入会を打診してくるとは。
よっぽど桐山が限界に見えたんですかね…。

 

桐山と二海堂は普通に友達

orion(ライオン盤 初回限定)(CD+DVD+紙ジャケ)
研究会はなかなかアグレッシブというかエキサイティングというかとにかくスゴかったです(←言い方に悩んでる人w)

まぁ本気でぶつかり合える人がいるっていうのはイイことです。
桐山もその輪に混じって激論を交わしていたはイイ傾向。

その後の潜った鳥をめぐるやり取りは謎のハイテンションだったけど、桐山と二海堂が楽しそうだったんで何より。
この二人、もはや普通に友達ですよなー。

ここ最近の「3月のライオン」は桐山にとって暗めの話が多かったので、ようやっと晴れ間が見えて嬉しいです。

二海堂があんなに走って大丈夫なのかと心配にはなったけれどw

 

さよならバイスタンダー(初回生産限定盤)(DVD付)
YUKI
ERJ (2017-02-01)
売り上げランキング: 228
3月のライオン おさらい読本 中級編 (ヤングアニマルコミックス)
白泉社 (2016-08-26)
売り上げランキング: 13,156

『3月のライオン』の関連記事はこちら

『3月のライオン』第15話感想。島田八段は将棋で勝っても…。

『3月のライオン』第14話感想。独りで階段で泣きながら転職雑誌読んでる高校生w

『3月のライオン』第13話感想。なぜスミスの朝食シーンを描いたのか。

『3月のライオン』第12話感想。ひとーつ勝ったら60まーん。

『3月のライオン』第11話感想。川本家は間取りはおかしいけど癒し空間です。

『3月のライオン』第10話感想。「生活かかってるんで…」で万事解決かとw

『3月のライオン』第9話感想。「好き」「嫌い」で言い表すコトの出来ない40年。

『3月のライオン』第8話感想。二海堂みたいな友達がいたら楽しいだろうなぁ。

『3月のライオン』第7話感想。二海堂と将棋ニャーが全てを持っていた感がw

『3月のライオン』第6話感想。林田先生みたいなイイ教師に出会えただけでも、零が高校に入りなおした価値はある。

『3月のライオン』第5話感想。香子の気持ちも分かるなぁ…。

『3月のライオン』第4話感想。あぁお弁当…。

『3月のライオン』第3話感想。いなくなった人を覚えておくか、忘れてしまうか。

『3月のライオン』第1~2話感想。切ない雰囲気とギャグの塩梅がスバラシイ。

SPONSORED LINK