『クズの本懐』第7話感想。鴎端のり子(最可)は自分が可愛いコトを知った上での立ち回りを心得ている模様…。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

クズの本懐

どうも、カカオです。
『クズの本懐』第7話を見たので感想をば。

SPONSORED LINK

最可は王子様とデートする。

ねんどろいどぷらす クズの本懐 アクリルキーチェーン 鴎端のり子
ようやっと麦とデートできた最可でしたけど、
なんとも悲しいデートだったなぁと。
思い出にするコト前提ですからね…。

そんな最可ですが、意外なコトに自分が可愛くて泣けば相手が譲歩してくれるコトを心得ていました。
マジですか。
さっすが「クズの本懐」というタイトルだけあります…。

どうでもイイけど最可のオヤジさんには吹いたw
最可の理想とは対極にいますなお父上(苦笑)

 

麦も自分の立ち回り方を心得ている。

ねんどろいどぷらす クズの本懐 アクリルキーチェーン 粟屋麦
自分の立ち回り方を理解していた最可でしたけど、その立ち回り方を理解した上で自分の立ち回りを心得ていたのが麦だったなぁと僕は思いました。

麦と最可に共通しているのは、
二人とも自分を責めている点かなと。
自分をクズであると言っているような節さえ感じさせます。

なもんだから、
麦が自分のコトを「地獄におちる」と言っていたのは自分を責めすぎかなと思いましたね。

麦が地獄行きだとするなら、
この作品のキャラは全員ゴー・トゥ・ヘルですよw

 

花火と麦は玉砕覚悟で突撃する模様。

ねんどろいどぷらす クズの本懐 アクリルキーチェーン 安楽岡花火
誰かを自分に依存させたいというダークサイドまっしぐら状態から一転、花火がお兄ちゃんに突撃する模様です。
麦もなにやら同じ気持ちらしいですな。

花火の場合、ひとりになってアイス食って流れ星見てアイスが「あたり」で放り投げたら一発でゴミ箱に入った。
行動だけ見たら気持ちを一転させる要素はなさそうなんですけどね。

でもポイントは「ひとりになって」ってところなんだと思うんです。
これまで花火はお兄ちゃんに告白できないがために麦といっしょにいたりチャラ男と関わったりして気分を紛らわせようとしていました。
今考えてみると、
他人がノイズになって自分が本当にしたい行動に気づけなかったんではないかなと。

それがここに来て麦は最可とデートしてたりで会えなかったコトで強制的にひとりになり、落ち着いて物事を考えられたワケです。

麦が最可とデート中に花火からの電話に出ていたら、結果はまた違っていたかもしれませんな。うん。

クズの本懐 5巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス (2015-06-25)
売り上げランキング: 1,196
クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2017-03-29)
売り上げランキング: 6,741

 

『クズの本懐』関連記事

『クズの本懐』第12話感想。花火と麦は互いを「本物」だと認めてもよかったのでは…。

『クズの本懐』第11話感想。茜さんに当事者意識が芽生えたようです。

『クズの本懐』第10話感想。茜さん、お兄ちゃんの扱いに戸惑う。

『クズの本懐』第9話感想。花火は頑張ってやり切ったと思うよ…。

『クズの本懐』第8話感想。ノリと勢いのアンツィオ方式を採用した花火だったが…。

『クズの本懐』第6話感想。花火が茜のようになれない理由はおそらく…。

『クズの本懐』第5話感想。花火とすれ違いざまに事後報告する茜さんマジ鬼がかってるぜ…。

『クズの本懐』第4話感想。皆川茜がブラックすぎて花火が心配です。

『クズの本懐』第3話感想。どんだけ力入れたら「折れ」そうになるんだw

『クズの本懐』第2話感想。えっちゃん、早くも勝負に出た!?

『クズの本懐』第1話感想。スゲェ契約w