『ビブリア古書堂事件手帖7』感想。内容うろ覚えだったけどおもしろかったよ。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

どうも、カカオです。
『ビブリア古書堂事件手帖7』を読んだので感想をば。

SPONSORED LINK

随分忘れてたけど楽しめました。


ついに完結!
…っていうコトになってますけど、あとがきを読む限りでは番外編とか出す予定らしいです。
ビブリアをまだ楽しめそうで何より。

話の内容は、6巻を読んでからしばらく経ってて正直覚えてないコトだらけだったんですがしっかりと楽しめました。

今回はシェイクスピアの古書がポイントでしたなぁ。
洋書の独特な様式やら昔の印刷についての描写が伝わるかでおもしろくなるか否かが分かれそう。
僕は楽しめました。

まぁラストのトリックは分かりやすいし、そこさえ押さえれば丸っとおもしろくなりますな。

何より、栞子さんと大輔くんがイイ感じに収まってなによりです。

 

「急いでる感がある」との声も。

てな具合に叔母の後に読んだ僕なんですけど、小説書いてる人間とそうでない人で感想はかなり割れるんだなぁと(苦笑)

ただ世の中に小説書いてる人とそうでない人。
どっちが多いっていったら書いてない人のほうが多いでしょう。

言われてみると、僕はどうしても作家さんの労力のほうに目がいってしまうんですよねぇ。
7巻の参考文献のページ見ました?
いつもながらスゲェ量ですよ。

…っていう評価の仕方は間違ってはないにしても、おもしろさを計るにはいささか邪魔だなぁと思いました。
でも仕方ないじゃない。
小説書いちゃってるんだから僕。