ようやく紙の本から「ほぼ」解放された件について。

SPONSORED LINK

前々から僕の中で課題だった「紙の本にかかる時間の省略」がほぼ叶いました。

紙の本にかかる時間とは。

「紙の本にかかる」とは以下の2点です。

  • 本屋への移動時間
  • 本を処分するときにかかる時間(古本屋への移動時間)

さらに言ってしまうと、「本屋への移動時間」は一度では済まない場合もあります。

なぜなら目当ての書籍が売ってないときがあるからです。

僕は以前、その日発売のラノベを買いに書店に行ったんですけど無かったコトがあったんですよ。
それ以来、もう本屋にはほとんど行かなくなりました。

SPONSORED LINK

買い物はネットでね。


本屋に行かなくなる以前からKindle本を買うようにしていました。
そのほうが楽だし、何より部屋を紙の本で圧迫されずに済みますからね。

もし紙の本でしかなかった場合や、新刊でKindle化されていなかった場合などは紙の本をネットで注文します。
大抵はAmazonですね。

この方法が一番確実です。
本屋への移動時間が丸っと削減できますし、仮に在庫切れだったとしても「在庫切れ」という事実を事前に把握できるのでリスクにはなりません。

まぁあまり在庫切れって僕は遭遇してませんけど。
最近だと「けもフレ」ぐらいですかね。

 

買い取りをネットで済ませてミッションコンプリート!

紙の本の購入は上記の通りで問題なかったんです。
ただ溜まった紙の本を撃る際には、毎度のように古本屋に行かねばなりませんでした。

自宅から結構離れている上に対した金額にもならない。
かと言って捨ててしまうのもなぁと思ってたんです。

けれどこれもネットで解決しました。
先日、ブックオフオンラインの宅本便を利用してみたんですけど、家にいながらにして本を買い取ってもらえるのでめっちゃ楽でした。

ブックオフオンラインのレビューは記事にしてありますのでよかったらどうぞ。

関連記事:ブックオフオンラインの宅本便が便利過ぎてリピーターになりそう。

あまり値段に拘らず「とにかく持っていてくれればイイ」という僕のような人間にピッタリでしたよ。

本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

まとめ

  • 買う時はAmazon
  • 処分するときはブックオフオンライン

という具合に、
紙の本にかかっていたあ時間を省略できるようになったので今は快適です。

言うまでもありませんけど、時間はとても大切

そんな貴重なモノを使って書店まで行ったのに、在庫切れでまた自宅に戻るなり別の本屋に向かうのは消耗しているだけです。

古本屋までの往復の移動時間も同様です。
僕は旅の移動時間以外の移動時間は、どうにも無意味に思えてならないんです。

省略し空いた時間で、本を読む。
めっちゃ有意義ですよん。

 

まだ省略できてない時間が…

唯一まだ紙の本でかかっている時間があります。
雑誌です。

カカオ
ホビージャパン、電子書籍化してくんないかなぁ…

ちなみにホビージャパンを読みたいときは図書館に行ってます。
どうせ月に2、3回くらいは行きますんで、そのついででイイんですけど。

でも手元に残しておきたい記事とかもあるんですよねぇ。
ホビジャパさえ克服できれば、
僕の紙の本を巡る時間問題については解決なんですがw