『アリスと蔵六』第1話~2話感想。アリスが今後どう変わっていくのかが楽しみ。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

アリスと蔵六 Blu-ray Box 2 (特装限定版)

どうも、カカオです。
『アリスと蔵六』第1話~2話を見たので感想をば。

アリスとは。

第1話はアリスが研究所から脱走、謎の助けが入ってどうにか東京に逃げ延びて、運良く蔵六と出会った。

出会った相手が少年ではなくジジイだったところが異彩を放っていますな。

これがもし十代の少年だったら新鮮味はなかったに違いない。

そして今日は第2話を見たワケなんですが、やはり1番気になるのは

結局、アリスって何なのん?

ってところだと思います。
第2話では、気がついたら自分はそこにいて研究所の人に体を調べられていたとのコト。

記憶喪失なのか。

はたまた既に成長した状態でポンッとこの世に出現したのか、

そのどちらかだと僕は思うのですがどうでしょ。

そしてもし、
成長した状態で修験したとするなら、
それをやったのは研究所の人たちでは…と。

あ、僕の予想はちーっとも当たらないんでそこんとこよろしくw

SPONSORED LINK

アリスの変化が楽しみ

自身の存在を認識してしばらくは空っぽで、あさひとよながと関わってから自我が芽生えたアリス。

現在はというと、
空っぽではないけど偏ったパラメーターですな。

そんな偏った状態のアリスが、蔵六や早苗と関わるコトでどう変化していくのか。
それが僕は楽しみです。

既に第1話から蔵六はアリスに常識を叩き込んでますけどw

 

カカオ
食べ物を作るのはコスパが悪すぎとのコトだけど、豚を調理しちまえばイイんじゃ…と思ったのは僕だけだろうかw

 

アリスと蔵六(1) (RYU COMICS)
徳間書店(リュウ・コミックス) (2014-04-11)
売り上げランキング: 35

『アリスと蔵六』関連記事はこちら

『アリスと蔵六』第4話感想。イイ説教をする年輩が現代では絶滅危惧種な件について。

『アリスと蔵六』第3話感想。トイレごと持っていかれちゃどうしようもないw