バイト募集の「週3日~OK」は信用にならない件について。

SPONSORED LINK

上のツイートの記事、1位が時給だったので僕は驚きました。最近の就活生は給与よりも勤務時間や残業時間を気にすると聞いていたんで。

学生の場合はまた違うんですかね。

SPONSORED LINK

バイト募集の「週3日~OK」は疑うべし

バイトの募集記事によく「週3日~OK」などの出勤頻度の最低条件を示しているのを目にします。

ただこれってあくまでも最低条件であって、いざ面接を受けてみると「できれば週4~5がイイんですけど」などと言われるパターンが多いです。

というか、僕は学生時代にそのパターンしか経験していません。

僕の運が悪いかはさておき、長期のバイトをしていて思うのは、出勤頻度が高い人材しか必要とされていないというコトです。数年前でそうだったんですから、人手不足の現在ではそれがもっと顕著になっていると思われます。

学生の場合に困るのは学校生活との両立です。特にテスト期間なのに休めないのは最悪ですね…。

最近はブラックバイトも存在しているので、テスト期間中なのに休ませてくれない、「仕事なんだから」云々などと言われたら、もう辞めてしまってイイです。

僕は短期バイトでした。

僕は学生時代、長期のバイトはレンタルビデオ店でやっていた時期がありました。

けれど、やはり学校生活との両立が難しくて辞めてしまい、短期バイトに切り替えました。

僕の場合は生活がかかっているワケではなくて、ちょっとしたお小遣いが稼げればよかったので問題ありませんでした。一ヶ月あたり1~2万程度稼げればよかったんです。

おそらく僕のようにお小遣いがちょっと稼げればイイ、ぐらいに考えている方も多いのでは?

そういう方が週4とか5の長期バイトをやると悲劇です。テスト期間が休めなかったり、遊ぶ時間もなくなったりと踏んだり蹴ったりです。

長期バイトは辞めるときも面倒ですからね…。

そこいくと短期バイトは期間が決まっているので、辞めるときの煩わしさはありません。働く期間が終わればそれでサヨナラです。

僕の頃はフリーペーパーで探してたりもしましたけど、最近は短期バイトだけに絞ったショットワークスというサイトもあるので、興味のある方はどうぞ。

いやできれば5~6万は欲しいな…って方は、長期バイトを探すっきゃないですね。求人はたくさんあるので、ジョブセンスあたりで注意深く探していくとイイかと。

【まとめ】大切なのは時間です。


時給にばかり目がいき、ろくに休めなかったり激務でストレスを溜めたり体を壊しては本末転倒です。

正直言って、僕は学生はバイトなんぞしないで興味の赴くままに過ごして欲しいと思っているぐらいなので。たくさん本が読めるのも学生時代ならではですしね。

ただ、やはりお金は必要です。まとまった金額が必要なときもあるでしょう。
そういうときは上手く情報収集をして、利用できるサイトはどんどん使ってください。この記事で紹介したショットワークスジョブセンスを始め、多くのアルバイト情報サイトが今はありますので。

また学生なら学割を使って節約する手もあります。以下の記事に学割を使えるオススメのサービスをまとめてありますので参考までにどうぞ。

関連記事:学生のうちに知っておくべき学割まとめ。使えるサービスはこんなにあるぞっ!

優先順位は、時給よりも時間で。