「宅配屋来るのはえーよ!荷物受け取れねーよ!」←定時で帰れないのが問題なのでは?

SPONSORED LINK

宅配屋さんは頑張ってますから。

怒りの矛先、合ってます?

背景

んー、気持ちは分からんでもないんですよね。楽しみにしていた品が届くというのに受け取れない悔しさ。

ただ、宅配屋さんに向けて「ゴミ」だなんだっていうのはいささか目に余ります。

SPONSORED LINK

怒りの矛先を間違えている。

悔しさをバネにして向上していくタイプの人はとても好きです。僕もそうありたいと思っています。

が、

この場合、怒りの矛先が宅配屋さんに向かっていてとても残念な状態になっていますなぁ。怒りを向けるべきは定時に帰れない自分であって宅配屋じゃあないんです。

「自分も辛いからオマエも辛くなれ」という負のスパイラル。

俺の帰りは遅いから宅配屋も遅く来い、というのは、「俺は辛いからオマエも道連れにして辛くしてやる」と言っているのと一緒でゾッとします。

そりゃあブラック企業は減りませんし、社畜は量産されますよ…。

【まとめ】何が原因で今の状況が生み出されたか今一度確認を。

今、自分が置かれた状況が自分の意に反するモノなら、なぜそうなったのか、冷静に考えてみたほうがイイです。

例えばこの記事で取り上げた宅配屋が遅いという話も、宅配屋が遅いのではなくその時間に帰れない自分、時間をコントロールできない環境下にいる自分、あるいは帰ろうと思えば帰れるのに意思が弱くて帰れない自分が原因である可能性も十分に考えられます。

状況を把握できたのなら、次はどうすれば改善できるかを思考する。それが、人生を好転させる最初の一歩だと僕は思います。

人生、心躍ってなんぼですよ。

 

カカオ
というか、コンビニ受け取りとかじゃダメなんですかね。最近は宅配も色々な手段あるし、LINEと連携させたサービスなどもあるのでやりようはあると思うんですけどねぇ。

LINEとヤマト運輸の連携についてはこちら