『アリスと蔵六』第11話感想。体はワンダーランドでできている。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

アリスと蔵六 Blu-ray Box 2 (特装限定版)

どうも、カカオです。
『アリスと蔵六』第11話を見たので感想をば。

SPONSORED LINK

ワンダーランドとは…。

アリスと蔵六 樫村紗名 カンバッジ

もしゃもしゃと向き合う日々

以下はここ最近の『アリスと蔵六』の感想記事なんですけど…

第2部に入ってから、紗名はずっと「もしゃもしゃ」と向き合っているなぁと感じましたね。

そして今回も「もしゃもしゃ」というワードは彼女の口から出ます。ただ、紗名はもしゃもしゃの存在を受け入れて、それも含めて自分なんだと認識したような、そんな気がしました。

端的に言うと、紗名はまた少し成長したなと。うん。

紗名と羽鳥、ワンダーランドを彷徨う。

前回のラストで崖から落ちた紗名と羽鳥。羽鳥は脱出を試みるも、紗名はひたすらに無理だと言う。実際、無理でしたねぇ…。

ようやく出口らしき扉を開けてダメだったときの羽鳥の絶望感が…。なんだかこれまでの報いを受けているような気がして辛いっす…。

ワンダーランドの様相は紗名次第

アリスと蔵六 一条雫 カンバッジ

蔵六たちもワンダーランドへ突入するも、そのカオスな空間に戸惑う。ただ、紗名がこれまで見たものや思い出で構成されているらしいというのは分かりましたな。

蔵六との思い出がそのまんま具現化されとるw紗名次第で如何様にも変化しそう。

でもコレ、紗名が戦争映画とか見たらワンダーランドが戦場になったりしそうで恐ろしくもありますなぁ。

紗名と羽鳥、分かり合う。

アリスと蔵六 紗名 アクリルキーホルダー
なんだかんだで互いのコトを語り合い、分かり合ったような具合に落ち着いた紗名と羽鳥。

もしゃもしゃする部分も丸っと含めてその存在を認めたかのような紗名の言葉に、彼女の成長を感じましたなぁ。

めでたしめでたし。

いや終わってないか。アリスの夢から出なくてはw

穴に落ちていった一条さんも気になるし。

 

カカオ
『アリスと蔵六』はdアニメストアで配信されています。まだ見てない方は第1部にあたる1話~5話をまず見てみてはどうでしょ。オススメですよん。

 

アリスと蔵六(5) (RYU COMICS)
徳間書店(リュウ・コミックス) (2016-01-08)
売り上げランキング: 1,889

『アリスと蔵六』関連記事はこちら

『アリスと蔵六』第12話感想。蔵六は説教をするためにいる。

『アリスと蔵六』第10話感想。世間にアリスの夢を隠すのはもう無理じゃないのか…。

『アリスと蔵六』第9話感想。その固有結界はなんて名前です?

『アリスと蔵六』第8話感想。羽鳥は悪い魔女の割りにお金は払うしバイトもする気らしいですw

『アリスと蔵六』第7話感想。「もしゃもしゃ」はイイことです。

『アリスと蔵六』第6話感想。ホッとできるエピソードでした。

『アリスと蔵六』第5話感想。イイ最終回だった(違)

『アリスと蔵六』第4話感想。イイ説教をする年輩が現代では絶滅危惧種な件について。

『アリスと蔵六』第3話感想。トイレごと持っていかれちゃどうしようもないw

『アリスと蔵六』第1話~2話感想。アリスが今後どう変わっていくのかが楽しみ。