【検証】WEB小説に関係のないツイートがバズると読者は増えるの?

SPONSORED LINK

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。

WEB小説の宣伝にTwitterを活用している方は多いと思います。RTされればそれだけ多くの人の目に触れて宣伝にも…と。

では、小説に関係のないツイートがバズった場合、WEB小説の読者は増えるのか。

今回は、僕自身をサンプルにして示し、考えていきたいと思います。

SPONSORED LINK

前提

まず以下の点を前提にします。

  • 自分の小説の宣伝を固定ツイートに載せている。
  • プロフィールに小説へのリンクを張っている。

後々説明しますけど、どちらも必須です。

ツイートがバズりました。

先日、以下の二つのツイートがバズりました。

23000RTもいけば、文句なしにバズったと言えます。
その下のツイートは補足的に呟いたんですが、これも新聞の切り抜きツイートに引き上げられるように拡散しまくりました。

今回は小説の宣伝になるか否かを検証しますので、ツイートの内容については触れません。気になる方は以下の記事をどうぞ。

ライブドアニュースに僕のツイートが紹介されました。

2017.07.09

エンゲージメント総数を見よう。

新聞の切り抜き記事のツイートアクティビティを見てみましょう。

インプレッションが200万オーバーです。
RT数が多すぎるので全く把握できてませんけど、拡散する人次第でこの数字はかなり変動すると思われ。

でも大切なのはインプレッションよりもエンゲージメント総数です。要は、ツイートを見た人が何かしらの反応を示した数。
「いいね」「リツイート」「リプライ」など。

今回重要視するのはエンゲージメント総数の中の「プロフィールのクリック数」です。

僕のツイートの場合は1565クリックされています。

プロフィールは小説の入り口です。

なぜ「プロフィールのクリック」を重要視するのかというと、プロフィールをクリックすると、小説の宣伝の固定ツイートと、プロフィールに載せた小説へのURLが表示されるからです(※僕の場合、プロフィールはブログのURLですが)。

前述で、前提として固定ツイートとプロフィールについて触れたのはこのためです。

ツイートがバズッて多くの人がプロフィールをクリックしたとき、何の宣伝もリンクもなければ、チャンスを逃してしまいます。

プロフィールをクリックしたというコトは、少なからずツイート主に興味を持ったというコト。クリックされたときにパッと分かる位置にリンクがあれば、小説を読んでもらえる可能性もあるのです。

…で、読者は増えたの?

タイミングがイイことに、ツイートがバズる前日に短編小説をアップして固定ツイートに載せていたんです。

細かくは覚えてませんけど、バズる前にインプレッション数を確認したときは150くらい、エンゲージメント総数はリンクのクリック2、感想のリプが1つ、RTが1はあったと思います。

それがツイートがバズった後だと…

現在のアクティビティです。
数字それ自体は増えてはいるんですけど、バズッたRT数を考えると増え方は思っていたほどではないかなと…。

何より、リンクのクリック数が7というコトは、小説を開かれた回数が7回というコトですからね。万越えRTでコレは…wとなります(苦笑)

前述の通り、インプレッションではなく重要なのはリンクされた回数ですからねぇ。

結論は、小説に関係のないツイートがバズると多少は効果がある、と言った程度ですね。

ちなみにこの新聞の切り抜きツイートは、10日経った現在も少しずつ伸びています。

この記事を書くためにアクティビティを見ていたら数字が増えたんですよ…。RTが万越えするとここまで凄いコトになるのね…。

小説ではないクラスタからフォロワーが。

プラモ関係のフォロワーが増えました。バズッたツイートがプラモの話題だったからでしょう。

僕自身、Twitterでプラモの制作模様をちょいちょいアップしてますので、プロフィールをクリックして過去のツイートを見たのかもしれません。

また、エンゲージメント総数で出ている数字以上にフォロワーが増えました。これは謎。まぁイイことなんで良し。

【まとめ】

なんともパッとしない結果でした(ガンプラ関連の方と繋がれたのは嬉しいです)。

やはり小説に関係のないツイートでは読者増は期待できないというコトだと僕は思います。

プラモ関係のフォロワーが増えたのがその証拠かと。

ただ、固定ツイートとプロフィールにリンク張りはやっておきましょう。コレがないと効果はゼロです。

小説関連のツイート(創作についてなど)でバズると、状況は違っていたかもしれませんなぁ。

また、僕が日頃からツイートで数十、数百RTを出していればまた状況は違っていたと思われ。まぁ大したコト呟いてませんからねぇ僕。

カカオ
この記事がツイッターで作品の宣伝をしている作家さんたちの参考になれば幸いです。