『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)― (電撃文庫)

 

『ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)』を読了したので感想をば。

SPONSORED LINK

 

セカンド・スクワッド・ジャム

SAOに登場したガンゲイルオンラインを舞台にして、時雨恵一さんが描くもうひとつのSAOの続編、ガンゲイルオンラインⅡ。
待ってましたこのときを!

1巻が予想以上に面白かったので2巻にも期待してたんですが、期待を裏切らない面白さでした。
時雨さんは銃火機の知識が豊富なのでそれを生かした物語展開が主になんですけど、SAOの設定もしっかりと踏まえて利用しての展開もあって、SAOファンの僕も満足のいく作品でした。

今回は1巻のスクワッド・ジャムの2回目が開催され、またしてもピンクのチビのレン、そして今回の相棒はレンの友達のフカ次郎です。
あ、フカ次郎は女ですwレンにVRMMOを薦めた友達で、1巻にもたしかちょろっと出てたと思いますが、今回はガッツリと登場します。

フカ次郎がまた良いキャラしてるんですよねぇ。
本当に笑えるし頼りになるしでもう最高。
グレネードをぽんぽん撃って爆発させまくる戦い方もナイスです。

あと、相変わらず酒場で中継され、
その様子をなんともおバカな観戦者たちのセリフで描かれています。
うん、安定の面白さでしたねw

SAOのキャラやエピソードのことがちょろっと出てきたあたりもよかったですな。

 

そしてピトフーイは…

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン レン ラバーストラップ
レンの今回の目的は、ピトフーイを倒すことです。
わけあって前回相棒だったエムの依頼でそうなってしまったわけなんですけど、そのエムはというとピトフーイと組んでレンの敵になっているっていうね。
なんじゃそりゃ。

ピトフーイ、かなりクレイジーな方のようで、SAOに参加できなかったことを悔やんでいるとか。
デスゲームに参加して暗殺ギルドに入るなり、
あるいは暗殺ギルドにいるプレイヤーを正義の名の下に殺したりとか、とにかくそういうことがしたかったらしい。
クレイジーですな…。

そのクレイジーっぷりはガンゲイルオンラインの中で遺憾なく発揮されていて、今回も丸腰で敵の群にしのびより、顔面を岩に叩きつけて殺し、銃を奪ってその銃でほかの敵たちを蹂躙…圧倒的すぎ。

ピトフーイ以外にもちょっと意味深なキャラもいたりで、これは下巻が楽しみですな。

 

レンちゃんだって

レンもピトフーイに負けず劣らずの戦いぶりで楽しませてくれました。

相変わらずのちっこい体を生かしての素早い動きで敵を圧倒、ピーちゃんが火を噴いていました。
あ、ピーちゃんは新たに買い直して復活してますw

レンとフカ次郎が今後どんなふうに連携していくかが見物ですね。
ピトフーイの戦いぶりがかなり意表をつくものだったので、まだまだアッと驚く展開が期待できるかと。

下巻の発売は6月とのこと。待ちきれないぞ…!

 

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
アニプレックス (2017-01-25)
売り上げランキング: 55

関連記事はこちら

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン4 ―サード・スクワッド・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス (下)』感想。イイ意味で騙された!

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン4 ―サード・スクワッド・ジャム (上)』感想。なんじゃこの最強にして最凶チームはっ!

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (3) ―セカンド・スクワッド・ジャム (下)』感想

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインI ―スクワッド・ジャム―』感想

 

オススメ記事

三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。