「紙の本じゃなきゃダメだぜ」とか言ってた僕がいつの間にかキンドルで普通に本を買うようになっていた件

SPONSORED LINK
kindoruwotukaihajimete

ここ何ヶ月かで、随分とキンドルを利用するになりました。今日はキンドルを使って感じた電子書籍の使用感をお伝えしたいと思います。

 

紙の本じゃなきゃ駄目だとか思ってました。が…

あ、電子書籍って僕に合ってるわ。

紙の本じゃなきゃ駄目だとか思っていました。理由は今となっては自分でもよくわからないのですけど、ページをめくる感じとか感触がどうとかそんな具合だったかなと。
けれどキンドルを使い始めて思いました。
これ、僕に合ってるわ…、と。

面倒くさがりには最高です。

場所取らない、24時間いつでも購入可能。すぐ読める。何気に読みやすい(使用する端末によるが)。面倒くさがり屋の自分にとっては最高でした。
とりわけすぐ読める、というところがポイントで、移動時間やら本を探す時間やらをごっそり削ることが可能なところがグッド。あと、買った瞬間に中身を落ち着いて読めるって、とっても良いものですよ。

場所を取らないってすんばらしい。

あと本棚の場所取らないのも個人的に素晴らしいかと。本棚、いっぱいなんですよねぇ。冗談抜きで本屋で本買うか迷ったときに「本棚の空きがなぁ…」とか思って本を買わないこともあるんです。でも電子書籍ならそんな心配はなーい。

SPONSORED LINK

欠点と問題点

漫画はタブレットじゃないと厳しい。

欠点は、漫画を読む際には大きい画面じゃないと厳しいことですね。まあこれは僕がiPod touchで読んでいるからであって、タブレットで読んでいれば問題ないこと。それにtouchやスマホでも読めないことはない。僕の友人なんかは「え、普通に読めるやん」とか言っている。

ちなみにAmazonだと1万切る価格からタブレットが買えるんで、漫画専用の本棚を買うつもりで購入するのもイイかもしれません。

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック
Amazon
売り上げランキング: 14

新刊がすぐ発売してくれない。

それと新刊がすぐにキンドル化しないのがイタイ。そんなわけなのでラノベで新刊を追ってるものは未だに紙の本を購入してます。

サービス停止が恐い。

あとこれは欠点と言うより問題点なんですけど、電子書籍ってサービス停止が怖いなと思います。いつだったかもそんなことがありましたし。キンドルはアマゾンなのでそんなことは起こり得ない、とは思いますけどね。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック
Amazon (2015-06-30)
売り上げランキング: 201