『ストライクウィッチーズ 劇場版』感想

SPONSORED LINK

ストライクウィッチーズ 劇場版 Blu-ray限定版
 

 

※ネタバレ注意

 

 

『ストライクウィッチーズ 劇場版』を見たので感想をば。
劇場版シュタゲと同様にストパンもまだ劇場版見てなかったっていうね。

 

SPONSORED LINK

 

☆飛べない宮藤

ストライクウィッチーズ2 宮藤 芳佳 Ver.1.5 (1/8スケール PVC製塗装済完成品)
2期ラストで魔法力の全てを失った宮藤のその後が描かれていました。
欧州の医学校に留学することになった宮藤が、行く先で様々な困難に見舞われ、さらにはネウロイに襲われてしまう。

飛べないながらもそんなの関係ないといわんばかりに真っ直ぐに人々を助ける宮藤はやっぱいいですなぁ。

細かい心理描写なんかいらない。
とにかく助けたい。

ただそれだけで、宮藤というキャラがもう出来上がっているのがスゴいです。うん。
消火活動をした宮藤とか、ちょっと感動して涙がちょちょぎれちゃいましたよ。

僕が最近涙もろいってだけなのかもしれませんけどw

 

ストライクウィッチーズ Blu-ray BOX スタンダードエディション
B008XCYESG

ストライクウィッチーズ2 Blu-ray BOX スタンダードエディション
B008XCYES6

 

☆飛べる宮藤

ストライクウィッチーズ劇場版 主題歌コレクション
飛べない宮藤ばかりじゃストパンらしくない。
というわけ、なのかどうかはわかりませんけど、お馴染みのメンバーたちの戦闘が随所に描かれていて退屈は全くしなかった。

というか戦闘描写が全体的に多かったように思う。満足満足。
僕がとくに気に入っているのがルッキーニ&シャーリーとネウロイによる市街地戦。スピード感があって迫力が半端ではなかった。
さすがシャーリー。スピードなら彼女がナンバー1です。

川を飛んでたシーンなんかは、某ジブリ作品の飛行機乗りの豚さんを彷彿とさせるほどだった。
飛べない豚はただの豚。
飛べない宮藤はただの…なんだろ。
いずれにせよ、らしくない。

きっと最後には飛んでくれる…と思っていたら、やはり飛んでくれました宮藤!
ご都合主義だろうがなんだろうがいいんです。
飛べない宮藤はらしくないんですから。
揃ったストライクウィッチーズのメンバーで大型ネウロイを倒し、めでたしめでたし。

そして「つづく」。
まだまだストパンが楽しめるようで何よりです。