『乱歩奇譚 game of laplace』第4話感想

SPONSORED LINK

乱歩奇譚 Game of Laplace 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]
乱歩奇譚 Game of Laplace 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

※ネタバレ注意

 

 

『乱歩奇譚 game of laplace』第4話を見たので感想をば。

 

SPONSORED LINK

 

☆またブッ飛んだキャラが…


コウブツヤ 乱歩奇譚 1.コバヤシ びんきゃらホルダー
今回は20面相が犯罪者を断罪していく話。異様なまでのハイペースで事件を起こしていく20面相。3分間ショッキングでもバッサバッサと複数の手法を実演してくれましたw
ただ、3分間ショッキングをも霞んでみせてしまうブッ飛んだキャラが登場した…。
黒蜥蜴。
そりゃ明智も頼るのに躊躇するね…。あんな派手に漏らして、それを描いてしまうこのアニメもまたスゲェですw

 

☆犯罪者の断罪というテーマ


乱歩奇譚 - Game of Laplace - クリアファイル
犯罪者を断罪する。
もはや使い古されたテーマではあるんですけど、世界観次第では断罪する人物が正義であり主人公である場合もあれば、犯罪者となって断罪される側に回ってしまう場合もある。ここがこのテーマの妙ですよねぇ。
例えば水戸黄門なんかではスケさんカクさんが容赦なくバッサバッサ切って最後は紋所を見せてドヤァてなって終わり。めでたしめでたしとなって、分かりやすくておもしろい。
じゃあこのアニメはというと、もちろんドヤァで終わったりはしませんwカガミが20面相になったのには何か理由があり、そこに不条理と面白さを感じるのが醍醐味なんじゃないのかなと。もっとも、カガミが模倣犯である可能性もまたあるんじゃないかなぁと思ったりもしますがどうなんでしょう。
3年前の明智と20面相の関わりもまだ明らかになってませんしね。

 

※『乱歩奇譚 game of laplace』の過去レビューはこちら↓
『乱歩奇譚 game of laplace』第3話感想

『乱歩奇譚 game of laplace』第2話感想

 

 

怪人二十面相 (少年探偵)
江戸川 乱歩 藤田 新策

怪人二十面相 (少年探偵)
妖怪博士 (少年探偵) 少年探偵団―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック) 大金塊 (少年探偵) 青銅の魔人 (少年探偵) 少年探偵団 (少年探偵・江戸川乱歩)
by G-Tools

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村