『Charlotte(シャーロット)』第6話感想

SPONSORED LINK
【Amazon.co.jp限定】 Charlotte(シャーロット) 1 (メーカー特典:「P.A.WORKS描き下ろしA3クリアポスター」) (全巻購入特典:「Na-Ga描き下ろし全巻収納BOX」「複製原画セット&収納ファイル」引換シリアルコード付) (完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

※ネタバレ注意

 

 

『Charlotte(シャーロット)』第6話を見たので感想をば。

 

SPONSORED LINK

 

☆やはり妹ちゃん…


【Amazon.co.jp限定】 Charlotte(シャーロット) 2 (全巻購入特典:「Na-Ga描き下ろし全巻収納BOX」「複製原画セット&収納ファイル」引換シリアルコード付) (完全生産限定版) [Blu-ray]
そんな意味もなく妹ちゃんをやたら出すわけないですよなぁ、と思わずにはいられなかった回となりました。
妹ちゃんの能力は「崩壊」。これまで登場したどの能力よりも強そう…。実際、校舎を崩壊させてしまいました。
崩壊のきっかけが恋愛絡みだったのがまたなんとも…。あのカッターの女の子、恐かったですなぁ。カッターを武器にするなんて、戦場ヶ原以来ですよw

 

☆駆けつけた女子は何者?


Bravely you/灼け落ちない翼(初回限定盤)
乙坂たちとほぼ同時に駆けつけた女子がいましたけど、彼女は何者なのでしょうか。嫌な予感しかいないんですけど…。とりあえず妹ちゃん目当てだったのは間違いなさそう。
ネット界隈ではシャーロットは鬱展開突入なんてことを囁かれていますけど、いやはやここから先どうなってしまうのか。
妹ちゃんはどうなってしまったのか。

 

☆鬱展開


楽園まで/発熱デイズ
小説執筆の話になっちゃうんですけど、個人的に鬱展開に持って行くのは難しくはないのですけど、鬱展開からの脱出には骨が折れますねぇ。
これは僕の話なんで、逆の人もいるかもしれませんし、あるいは鬱展開にするのも脱出させるのも余裕よ?なんて猛者もいるかもしれませんがw
鬱展開のまま終わらせるのもまた有りではあると個人的には思うんですけど、ラノベではウケないだろうなぁと…。
ちなみに鬱展開のまま終わらせている作品を挙げるなら、僕は真っ先に東野圭吾さんの『殺人の門』を挙げますね。もう何年も前に読んだ作品ですけど、未だに記憶に残ってますよ。
鬱展開の究極だと個人的には思ってますんで、興味のある方は一読してみては。

 


 

 

※『Charlotte(シャーロット)』過去レビューはこちら↓
『Charlotte(シャーロット)』第13話感想。世界中の能力者の能力を略奪した結果…

『Charlotte(シャーロット)』第12話感想。乙坂「好きだ」友利「はぁ?」←僕だったら生きていけないw

『Charlotte(シャーロット)』第11話感想。またも急展開!そして死人が…。

『Charlotte(シャーロット)』第10話感想。時をかけまくった兄!

『Charlotte(シャーロット)』第9話感想。ZHIENDのライブが引き金となって急展開を迎える!

『Charlotte(シャーロット)』第8話感想

『Charlotte(シャーロット)』第7話感想

『Charlotte(シャーロット)』第6話感想

『Charlotte(シャーロット)』第5話感想

『Charlotte(シャーロット)』第4話感想

『Charlotte(シャーロット)』第3話感想

『Charlotte(シャーロット)』第2話感想

 


 

殺人の門 (角川文庫) 殺人の門 (角川文庫)
東野 圭吾角川書店 2006-06
売り上げランキング : 161443Amazonで詳しく見る by G-Tools

 


 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村