小説を執筆する時に使うと集中力がアップするアイテム3選

SPONSORED LINK
55a86b06ab98a30e07802_s_R

小説を執筆していると集中力が切れたり、あるいは執筆に向かうための集中力すら沸かないときもあるかと思います。
僕もね、ありますよ…。
そんなときに僕が使うアイテムをご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

☆ポメラ

このブログで激しくオススメしているアイテムですが、激しくオススメするだけの価値があるので何度も紹介しますよ。
テキストしか打てない割にお値段が高い、と思う方は絶対にいるかと思いますけど、テキストしか打てないからこそ得られるのが集中力です。
気が散ることがありません。
ゲームにうつつを抜かしたり、Twitterのタイムラインをちょろっと見たり、まとめブログを眺めちゃったりする、なんて脇道に逸れることがありません。というかポメラじゃできません。
これでスマホの電源を切ってしまえば、執筆だけに集中できます。
機能ではなく、集中力を買うと思えばいいかと。
キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック
B0064MESSI

※ポメラ関連の記事はこちら↓
ポメラDM100を購入して1年経った僕が後から追加で買った3つの物

ポメラは小説に向いているのかどうか考えてみた

僕がポメラを手放せないたったひとつの理由

ポメラに使用する電池をeneloopに変えたらバッテリーの持ちが格段に良くなった!

 

☆耳栓

執筆場所は人それぞれだと思います。
ファミレスや喫茶店で書く人もいれば、部屋に籠もって黙々と書いている人もいるかと。
僕は基本的に部屋ですけど、気分を変えるためにファーストフード店や図書館に移動することもあります。
ただ、そこで問題になるのが周囲の音。話し声や、運悪く大きな声で話している人が近くにいたりすると、集中できません。
そんなときは耳栓で邪魔な音をシャットアウトしてしまいます。
僕はいつも以下の耳栓を使用しています。
スゴい静かです。
MOLDEX メテオ (10ペア)
B00CSJBP46

 

 

☆過去に影響を受けた作家さんの作品

僕はいつも手の届く場所に、過去に影響を受けた作家さんの作品を置いてあります。
集中力が切れたときにパラリとページを繰ってお気に入りのシーンを一読すると、たちまちやる気がみなぎってきますよ。
集中力が切れるときって、疲れている時と注意力散漫になる時、そしてモチベーションが下がるときの三つのパターンがあると思うんですよね。
ではお気に入りの作家さんの作品を読むとどうなるかというと、モチベーションが上がります。
モチベの維持って1番大切だと思うんですよねぇ。これが全ての行動の原動力になっていると言っても過言ではないほどに。
スプートニクの恋人 (講談社文庫)
村上 春樹
4062731290

 

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
川原 礫 abec
4048677608

 

夜は短し歩けよ乙女 角川文庫
森見 登美彦
B0093GEBJS

 

影響を受けた作品のジャンルが見事にバラバラな僕ですw

 

以上です。
ちなみに疲れていて集中できないなら、いっそ寝た方がいいです。

 

世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門 世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門
荻野 淳也 木蔵シャフェ君子 吉田 典生日本能率協会マネジメントセンター 2015-07-31
売り上げランキング : 2366Amazonで詳しく見る by G-Tools