『それが声優!』第10話感想。周りに合わせると破綻する(僕の場合)

SPONSORED LINK
それが声優! 第1巻(初回限定アフレコキット版) [Blu-ray]

 

※ネタバレ注意

 

『それが声優!』第10話を見たので感想をば。

 

SPONSORED LINK

 

☆進路に迷う

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 「それが声優!」 小花 鈴 (No.MT164)
鈴ちゃん回でしたねぇ。ここに至るまでの間に薄々「進路に迷うエピソードありそうだなぁ」と思わせる描写はありましたが、今回がまさにそれでしたね。

鈴ちゃんの場合、ふたふたといちご違って「声優になりたい!」と思って声優を目指したワケじゃないのが決定的な違いですよねぇ。
自分のことを中途半端だと言う描写がそれを如実に示していました。
ただ、意外だったのが親友のサヨの存在が一番鈴を迷わせていたことですね。幼い頃からずっといっしょで、鈴にとっては大切な存在だったという。

…そういう幼い頃からの友達がいるってなんだか羨ましいなぁ。

 

☆周りに合わせると破綻する(僕の場合)

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 「それが声優!」 一ノ瀬 双葉 (No.MT163)
結局、鈴ちゃんは声優業に専念するべく外部の学校を受験することにした。サヨも大切だけど、これから先のこと、そして声優という仕事をもっと一生懸命やりたいという思いと願いから出した結論だと思います。

ちなみに僕の場合は周囲に合わせて進路決めたことがありまして、えらく後悔したのを覚えています(苦笑)

ほかにも周囲が必要だからと行っていたので資格所得の受験とかしたこともあるんですけど、やっぱりダメですねぇ…。

「周囲に合わせる」という時点でもうアウト。
だって僕が自分の思いをねじ曲げてるんですから。

その結果、資格は取れませんでしたし、進路だって結局後から「あ、こりゃダメだわ」と思ってどえらい軌道修正を余儀なくされました。
最初から自分の願い通りに突き進んでいれば、もっとスマートに事が運んだだろうに…。

まあ周囲の意見に耳を傾けるのも大切ですけど、自分の考えや思い、願いをねじ曲げたり隠したり粉砕することはないかと思いますね。

 

それが声優!: 4
それが声優!: 4

posted with amazlet at 16.08.23
一迅社 (2016-08-18)

 

※『それが声優!』の過去レビューはこちら↓
『それが声優!』第13話感想。私たちの仕事は失業と紙一重!

『それが声優!』第12話感想。ユニットは支え合える!

『それが声優!』第11話感想。体が資本!

『それが声優!』第10話感想。周りに合わせると破綻する(僕の場合)

『それが声優!』第9話感想。マネージャーも大変っ!

『それが声優!』第8話感想。ふたふたのために佐賀から参りました!

『それが声優!』第7話感想。ふたふた良い感じ!

『それが声優!』第6話感想。ラジオCDとアニメでキャストが…

『それが声優!』第5話感想。ライフラインが寸断される…!

『それが声優!』第4話感想。忙しいなぁ!(バイトで)

『それが声優!』第3話感想

『それが声優!』第2話感想。頑張れ声優の卵たち…!

※オススメ記事はこちら↓
その意味不明に高い通信費を安くしてラノベでも買いません?

小説家志望にオススメのバイトはコレ!

削れるところはギャリギャリ削り、費やすべきところには躊躇無く費やすスタイルですが何か。

何をするにしても確保すべきは「時間」です


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。