『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第1話感想。骨大好き女の推理劇はじまる!

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

 

※ネタバレ注意

 

櫻子さんの足下には死体が埋まっている<櫻子さんの足下には死体が埋まっている> (角川文庫)

 

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第1話を見たので感想をば。

 

☆櫻子さんは骨のプロフェッショナル!

パンチの利いたキャラでしたねぇ、櫻子さん。
人間関係に興味は無く、骨に異様な興味を示している。
これだけ聞くとただの変態に思えるんですけど、彼女は骨のプロフェッショナル、骨格標本を作る仕事をしているというから驚き。
そんな彼女と高校生の館脇正太郎という奇妙なコンビで推理劇が始まりました。
櫻子さんといると、いつも死体と出くわすんだとか。
タイトルの通りなんですね。

まあ、いつも死体に出くわすのは推理劇の宿命なのであまり驚きませんが。
それじゃあコナンはどうなるんだよとw

櫻子さんの推理は骨の知識だけでなく観察眼や骨以外の知識にも溢れていて面白かった!
なぜ人間関係に興味のない彼女が正太郎と出会ったのかが気になるところですねぇ。

 

☆推理中の櫻子さん

今回は海辺で骨探しwをしていたら頭蓋骨を見つけ、そこから別の事件へ関わることになった櫻子さんと正太郎。
当初は心中とされていた事件だったけれど、櫻子さんの推理でそれは否定され、殺人だと判明した。
推理中の櫻子さんスゴかったなぁ…。
櫻子さんの周囲を骨状態で動物たちが闊歩する描写は圧巻ですよ。

事件がその後どうなったのかまでは描かれていませんでしたけど、櫻子さんの推理で捜査方針が変わるのは間違いなさそうです。

って、僕は推理よりも骨に執着する櫻子さんが楽しくて仕方がなかったですけどねw
最後にはちょっとしたツンデレっぷりも発揮してしまうし、いやぁ可愛いところあるじゃないですか。うん。

 


 

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と石榴と夏休み<櫻子さんの足下には死体が埋まっている> (角川文庫) 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と石榴と夏休み<櫻子さんの足下には死体が埋まっている> (角川文庫)
太田 紫織KADOKAWA / 角川書店 2013-06-25
売り上げランキング : 196Amazonで詳しく見る by G-Tools

 


※『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の関連記事はこちら↓
『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第5話感想。絵画の呪いの正体はカビだった!

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第4話感想。櫻子さんが謎を解くときの決めポーズが気功砲に見えてきた件w

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第3話感想。おばあちゃんの本当の目的に涙した…

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第2話感想。櫻子さんと正太郎の過去が一瞬ちらり。

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第1話感想。骨大好き女の推理劇はじまる!

 

※カカオのオススメ本たち
最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!(最終更新2015年10月27日)

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ

2014年に読んだ本の中から面白い10冊を選んでみた

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村