『甘城ブリリアントパーク6』感想。ようやく物語の本筋が進んだぞ!

 

※ネタバレ注意

 

甘城ブリリアントパーク6<甘城ブリリアントパーク> (富士見ファンタジア文庫)

 

『甘城ブリリアントパーク6』を読んだので感想をば。

 

☆実は西也の魔法に回数制限は無かった。が、代償はあった…

甘城ブリリアントパーク 特別編 限定版 [Blu-ray]
2巻からずっと短編が数本収録されている形だった甘ブリでしたが、6巻でようやく物語の本筋が進みました!
いや、短編もスゴい面白いですよ?

まず驚いたのが西也の人の心を読む魔法に回数制限が無かったことですね。
いすずは制限があると言っていたんですが、いざ西也が試してみるといすずの心の声が聞こえてしまった。

だがコレには代償があって、一度魔法を行使するたびに相手に関する記憶をひとつ失ってしまうのだ。マジですか(汗)
西也がいすずの名前を忘れたのには本気で焦りましたねぇ…。

その後、デジマーランドの傘下になる話が持ちかけられたり、ラティファに呪いをかけた栗栖が登場したりと怒濤の展開。

今回はかなりシリアスな雰囲気が全体に立ちこめていましたね。

 

☆「楽しい」を選択の基準にした西也にあっぱれ!スッキリしたぜ!

甘城ブリリアントパーク 第6巻 限定版 [Blu-ray]
デジマーランドの傘下に入るか。
コズミック・グループの傘下に入るのか。
年間300万人を達成するにはいずれかの選択をしなければならない。
けれどどちらの選択肢も今の甘ブリを甘ブリでなくすものでしかなかった。
頭を悩ませた西也が取った行動にあっぱれ!
彼はどちらも選ばなかったw

理由は単純、どちらも楽しくないからだ。

これにはラティファが深く関わっている。彼女は今や「西也が楽しいと思う気持ち」を糧にしているような具合だからだ。どうもアニムスにも色々とあるようで…。

あとまあ、良くて今いる従業員の半数がクビになるだのなんて理由はどう考えても心躍らないですよねぇ。
300万人という問題は棚上げしてしまったけれど、西也が「自分が楽しい」と思う第三の選択をしたことが痛快でした。
デジマーとコズミックの両陣営のやられた感がまた最高だった。うん。

ちなみにあとがきによると、次の巻からまた短編形式に戻るとか。
正直ホッとしてます。
いや、かなりシリアスだったんですよね6巻。
それはそれで読み応えがあってよかったんですけど、ケラケラと笑えるしょうもない話も甘ブリの魅力。
ティラミーの下ネタ満載のエピソードとか待ってますw

 


 


 

※『甘城ブリリアントパーク』の関連記事はこちら↓
『甘城ブリリアントパーク5』感想。モッフルの苦悩がリアルだった。

『甘城ブリリアントパーク4』感想。西也の義妹が登場したエピソードは結構胸にきますよ。

『甘城ブリリアントパーク3』感想

『甘城ブリリアントパーク2』感想

『甘城ブリリアントパーク1』感想

上司の語尾に『ふも』を付けると色々とどうでもよくなって健康に良いことに気付いた

 


 


 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK