ガガガ文庫へ投稿。

 

第21回電撃大賞の2次ショックを未だ引きずる中、昨日は小学館ライトノベル大賞に長編を投稿してきました。部門はガガガ文庫です。
いえ、実は電撃で落ちた時に備えて、というわけではないけれど長編をひとつ用意しておいたのです。
「こんなこともあろうかと!」とかドヤ顔で言いたいですが、ドヤ顔するだけの気力はない(苦笑)
ちなみに今回使っている画像は「まだ残弾あるんだぜっ!」という意味合いで使ってみましたw
いやでも、電撃に落ちて何もない状態よりは精神的に随分と違いますね。
色々なワナビの方のブログやツイートを見ていますけど、結構電撃に賭けてる人は多いですね。中には一年間かけて書いたりしている人もいたり。
僕はどちらかというと好きな作家さんがいるレーベルに投稿してる感じです。
電撃は一番好きな作家が多くいるので毎年必ず投稿してますけど、GAやガガガにも好きな作家さんはいるのでそちらにも送ってます。
で、今回はガガガというわけです。
ただ、気がかりなのはガガガって実は一度も一次選考突破したことないんですよね(汗)
うーむ、なぜだろう。
過去に投稿したのは二度。
今回は三度目。
三度目の正直となるか。
なってくれ!

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA