『ノーゲーム・ノーライフ6』感想。まさかの涙必至の内容でした…感動したっ!

※ネタバレ注意

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです<ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)

『ノーゲーム・ノーライフ6』を読了したので感想をば。

☆あらすじ

天地を裂き星を殺す大戦を、『ゲーム』と断じ世界に挑んだ男と、その傍らに寄り添った少女。六千年以上前――現在へと至る過去を紡いだ“最も古き神話”が明かされる

6巻は空白の二人の活躍ではなく、大戦が終わる以前の混沌とした戦乱の世界が描かれていました。
登場するのが空白ではないので最初は「ううむ」と思ったものの、読み進めていくうちに引き込まれてしまった…。
空白の二人とよく似たリクとシュヴィ、そしてコロンの存在。大昔のことが現在に繋がる原点だったと認識させられた瞬間ったらもうね!

 

☆最弱でいるために歴史から消えた

ノーゲーム・ノーライフ 白 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ジブリールのような規格外の存在がわんさかいて猛威をふるっていた戦乱期を、イマニティのような最弱がどのようにして生き残ったのか。本編でも疑問にされてきた真実が語られているのが6巻です。
実質0巻と呼んでも差し支えないですな。

強大な力を持った者たちを情報操作から誘導、四方八方の陣営を欺き暗躍するリクとシュヴィの姿は、ゲーム抜きにした空白そのものでした。
最弱には最弱なりの戦い方があり、それが最強になってしまえることもある。
そう思わずにはいられませんでした。
最弱だから無視されてしまう。そこに勝機がある。なるほど。

大戦の終戦が実はイマニティの暗躍によって成されたもの
けれどその歴史は闇に葬られた。
最弱が最弱のままでいるために。
…こんなスゴい話が書けてしかも絵まで担当してまっている榎宮先生、あなたは神ですか(驚愕)

 

☆まとめ

ノーゲーム・ノーライフ ジブリール つままれストラップ
空白が活躍する現在の時間軸のノーゲームノーライフに比べると、サイドストーリーである本作はかなり重たい内容ではあります。ここまでシリアスになれるものなのか、と…。
が、読み応えも同時にありますよ。
ちなみに、ゲーム抜きでジブリールを敵に回したときの絶望感も味わえますw

 

『ノーゲームノーライフ』の関連記事はこちら↓
『ノーゲーム・ノーライフ5』感想。『努力』の在り方を教えてくれる。下手な自己啓発本読むよりいいね!

『ノーゲーム・ノーライフ 4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました』感想

『ノーゲーム・ノーライフ 3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?』感想

『ノーゲーム・ノーライフ 2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです』感想

『ノーゲーム・ノーライフ 1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです』感想

 

※カカオのオススメ本たち
最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!(最終更新2015年10月27日)

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ

2014年に読んだ本の中から面白い10冊を選んでみた

SPONSORED LINK