『インベスターZ 8』感想。やったかやらないか、それだけなのにそれが大きな違いになる。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

インベスターZ(8) (モーニング KC)

『インベスターZ 8』を読了したので感想をば。

SPONSORED LINK

☆財前くん、ブチ切れてすぐに引き返す。

7巻のラストでOBの罵詈雑言に耐えかねた財前くんがブチ切れましたね。8巻序盤は荒れると僕は思ってたんですが、全くの逆でした。
財前くんはすぐに部屋を出て行くも、誰も自分を追ってこないことに疑問を感じ、そして悟った。
感情的になってはダメだと。
それは株式投資においては愚の骨頂だと。

「カッとなったら何事も負けよ」

これって投資だけでなくありとあらゆることに言える。
カッとなってやっちゃいました、なんて犯罪は枚挙にいとまがないもんね。
何よりカッとなって事態がゴチャゴチャしたら、貴重な自分の時間が失われることになる。それってクソです。勿体ない。
好きなことしてましょ。僕はアニメ見てますw

 

☆ホリエモン登場。行動力の大切さを説く。

地獄の合宿が終わり、財前だけOBにベンチャー村に連れて行ってもらうことになった。
ベンチャー村とはベンチャーに出資する人やベンチャーを立ち上げた人が集まる場。情報交換したり出資をつのったりするのだとか。

ベンチャー村にてまさかのホリエモン登場ですよ。
驚きましたなぁ。
これって本人に取材して書いたのかな?
いかにもホリエモンが言いそうなことが書いてあって、雰囲気掴めてたなー。

金をため込むヤツはみんなバカ、思考停止してる、みんながイイと思うものにはロクなものはないと批判するホリエモン。
うん、ホリエモンっぽい直球ですw
中でも一番胸に響いたのが

「世の中やらないヤツがいかに多いかってことさ」

「アイデアなんて何の価値もない」

「美人の隣に座れるのは……美人に告白した男だけだ……」

作中で、ビジネスにおいて一番大事なものは行動力ってことを言っていたホリエモン(本人が言ったかどうかは分かりません)。
これも前述した「カッとなる」の話と同じで、あらゆることに言えるんです。


小池先生、超イイこと言ってますね。
小説も同じで、アイデアの段階じゃ意味ないんですよ。書いて、形にしないと。
超おもしろい作品になる!って信じてやまないアイデアがあるなら、どんどん形にしてほしいですね。おもしろい作品たくさん読みたいですよ僕は。

※『インベスターZ』の関連記事はこちら↓
『インベスターZ 9』感想。リスクを取らないこともまたリスクだった。

『インベスターZ 8』感想。やったかやらないか、それだけなのにそれが大きな違いになる。

『インベスターZ 7』感想。言葉の力をナメたらアカンで?

『インベスターZ 6』感想。やるなら独り会議ですな。

『インベスターZ 5』感想。つまり古い人が死なないと新しいものは生まれないってことです。

『インベスターZ 4』感想。破壊しなきゃ想像できない。

『インベスターZ 3』感想。昔の日本人には投資が身近だった…っ!

『インベスターZ 2』感想。損切りって株だけじゃなくて色々な局面で使えるね。

『インベスターZ 1』感想。お金の真実が分かる漫画でした。

※カカオのオススメ本たち
2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。