本レビュー 東野圭吾『マスカレード・ホテル』 ネタバレ注意

SPONSORED LINK

マスカレード・ホテル (集英社文庫)
マスカレード・ホテル (集英社文庫)

 

※ネタバレ注意

 

東野圭吾さんの『マスカレード・ホテル』を読了したのでレビューしたいと思います。

 

☆正反対な性格のコンビ


連続殺人事件の次なる現場となるホテルに潜入し事件を未然に防ぎ犯人を逮捕するべく、新田はホテルマンになりすまして山岸の下で指導されるわけですが、とにかくこのふたりの性格の違いが前面に出ていて、衝突しながらも理解しあっていく様子が面白かったです。
コンビを描く際にふたりの性格をまるで違うような具合にするのはお約束ではあるのですが、新田と山岸は良いお手本ですね。
このふたりの場合、性格もそうですが刑事とホテルのフロントクラークという職場の違いも大きく影響してますな。

 

☆フェイントに次ぐフェイント


ストーリーの展開のスリリングさは、さすがは東野圭吾さんという感じですね。感服です。
この人怪しくないか? と思わせておいて実は全然関係がなかった……と思いきや実は……というような具合にひっくり返してひっくり返してと(笑)
読んでいてとにかく先が気になって仕方なく、夢中で読み続けていくうちにあっという間に読み終えてしまいました。

 

☆お、お婆ちゃん!?


x4がまさかのお婆ちゃんで、そのお婆ちゃんが……と、いうような具合に怒涛の展開。
思わぬところに伏線があってとにかく驚かされました。この『思わぬところ』というのがミステリーにおいてポイントですよね。
変装という手段がやや古風に感じられたものの、事件の全体像はとても複雑怪奇なので古さなど気にならなかったです。

以上、東野圭吾さんの『マスカレード・ホテル』のレビューでした。
読後は満足感に浸れること請け合い、オススメです。

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA