本レビュー 向谷匡史『成功してる人だけが知っている「一万円」の使い方』 ネタバレ注意

SPONSORED LINK

成功する人だけが知っている「一万円」の使い方
成功する人だけが知っている「一万円」の使い方

 

※ネタバレ注意

 

向谷匡史『成功してる人だけが知っている「一万円」の使い方』を読了したのでレビューしたいと思います。
たまには毛色の変わった本を読もうかなと思い選んでみました。

 

☆一万円に付加価値を


一万円という貨幣価値自体は普遍ではありますが、その使い方の結果次第では一万円が一万円以上にも未満にもなるよ、というような内容が主に書いてありました。
なるほどなーと思うことが多かったですね。この本はビジネスにおける人付き合いに重きを置いているため、お金の使い道も対人を想定していました。まあ、対人を気にしてお金の使い方を吟味したからこそ『成功した』ということなのでしょう。
小説の取材などで試しにちょっと活用しようかなと考えております。

 

☆何に自己投資をするべきか


自己投資については最近よく考えていて、まさにタイムリーな内容が書いてありました。
外見やら筆記用具やら鞄やらにお金をかけようと書いて有りましたが、要は仕事道具ということだなと解釈。納得です(笑)
僕の場合だと、小説を書くのに役立ちそうだったり必要な物にはケチらないで良い物を買えと、そういうことですね。
あと経験。この本の中だとグリーン車に乗ったり云々と書いてありましたけど、たしかに未経験であることにお金を払って経験することによって視野を広げるのはいいかと思いますね。なんでもかんでも手を出すのもどうかとは思いますが。
ただ、貯金についての否定的な見解はちょっと僕には合いませんでしたね。
誰もが成功するわけではないので、やはりある程度のバックアップ(貯金)は僕は必要だと思います。
月々の収入の中で貯金とは別に『自己投資枠』を設けるのがベストではないかと。

 

☆まとめ


とりあえず真似できそうだったり共感できるものからトライしてみるのが良いかと。
というのも、ヤ○ザやら裏社会やらで暗躍してる人とかを引き合いに出しているので(笑)
ただ一万円という額に付加価値をつける、という考え方は素晴らしいと思いました。
一万円に限らず、あらゆる物事についても言えるのですが、見る角度によって、また人によって、立場によっても解釈は変わってきます。
そういったたくさんある解釈の中で付加価値となり得るものを探す習慣をつけることも必要だと感じましたね。

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA