後追いゲーマーの日常(メタルギア2編)。「虫は嫌い!」「どっせーい!」

SPONSORED LINK

 

ちょっと間が空いてしまいましたが、メタルギア2を進めたのでその経過報告を小説風にまとめてお届けします。
例によって僕なりの極めていい加減な脚色を加えています。実際はもっと真面目で緊迫感溢れていますので

 

大統領発見後に射殺されたり云々などを経て、雷電はオタコンの妹のエマの救出に成功する。
エマを連れて水中を潜ったりしてどうにか施設内を進んでいたが、Gブリめいた虫がエレベーター付近に大量に発生。エマは「虫は嫌い!」と言って進んでくれない。

 

「虫は嫌い!」
「でもここを超えてエレベーターに乗らないと先に進め……」
「あたしはここから動かない」
エマはそう言って座り込んでしまった。
しばし黙考する雷電。虫を銃撃してみるもそのおびただしい数の前にはまるで効果がない。
八つ当たりにスティンガーをエマに向けたりして遊んだりしつつ事態の打開策について思考をめぐらせ、彼は決意した。
無理やり乗せちまおう、と。
座り込むエマの背後に回る雷電。
そして……

 

「どっせーい!」
「にゃあ!?」

 

エマを投げ飛ばす雷電。
本当は背後から羽交い絞めにして引きずる作戦だったのだが手元が狂ってしまった。
Gブリめいた虫の群に突っ込むエマ。
彼女は「虫は嫌い!」と叫んだのだった。

その後、エマを無理やりエレベーターに乗せて先に進みましたとさ。

 

※ちなみにその後さらにゲームを進め、雷電が敵に捕まってスッポンポンになったところで今日は終わりました(笑)

 

↓ランキングに参加中です。クリックして応援していただけると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA