『棺姫のチャイカ1』感想 ネタバレ注意

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

棺姫のチャイカI (富士見ファンタジア文庫)

榊一郎さんの『棺姫のチャイカ1』を読了したので感想を書きたいと思います。

アニメと原作の一致

1巻はトールとチャイカの出会いから手首の入手、ジレットたちとの遭遇と戦闘、そしてチャイカとトールたちの旅立ちまでが描かれています。

アニメのほうをすでに見ているのでストーリーは把握していたんですが、とにかくアニメとの違和感がないことが印象的でした。

原作を知っている人も納得、アニメを知っている人も納得。みたいな(笑)

まさか原作を読んでアニメの完成度の高さに気づくとは。逆のパターンならよくあるんですけど。

SPONSORED LINK

戦闘描写に一読の価値あり

戦闘描写が多く描かれているんですけど、どの戦闘も鬼気迫り危機迫る具合に書かれています。

活字でこれだけの迫力を読書に届けることができるとは……。

またこの作品、戦闘描写がちょくちょく出てくるので退屈しないのもいいですな。1巻に限ったことなのかもしれませんけど。

 

まとめ

1巻はこれから旅立つトールたちの下地作り、伏線張りの巻でした。けれど退屈とは無縁のスリリングな展開は手に汗握る。

さすがは榊さんです。

とりあえずアニメ1期で放送された分をまずは読了させたい所存です。

棺姫のチャイカI (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA / 富士見書房 (2012-09-01)
売り上げランキング: 78,736

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA