『非公認魔法少女戦線Ⅱ まいんカタストロフ』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

非公認魔法少女戦線II まいんカタストロフ 電撃文庫

 

奇水さんの『非公認魔法少女戦線Ⅱ まいんカタストロフ』を読了したので感想をば。

 

相変わらずキャラが多い

2巻になってさらにキャラがどっちゃりと登場していよいよ把握できなくなったというのが正直な感想です(笑)

とはいえ、主要キャラをおさえておけば普通に読めますのでそこらへんはサクッと読み進めてもいいかと。

ちなみに今回は琢磨の幼馴染の真音が魔法少女となり、ほのかが影で助手をするという具合。

ほのかの昔の仲間が襲い掛かってきたり実は前回の事件の黒幕でした?みたいな感じで作りこみは凄いと思いました。

ただ、やはりキャラが多すぎてその作りこみに集中できないというかなんというか……。惜しい。

SPONSORED LINK

急ぎすぎ

終盤のほのかが怒り悲しみながら昔の仲間達と戦い、真音が助けに入るところは読んでいて胸に来ました。感動です。

しかしその後の魔法少女の魔法少女だかが出てきてのあたりの展開が怒涛すぎてちょっとついていけませんでした。

なんかこう、急ぎすぎの感が否めない。

やはり惜しいですなぁ。

キャラも魅力的なんだし、ひとりひとりをじっくり描写する形にして読みたかったです。

ただ戦闘シーンは圧巻で、作者さんの技量の高さと知識量の豊富さが窺えます。一読の価値有りです。

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



【期間限定】
新規会員登録の方限定で、AmazonMusicアンリミテッドが3ヵ月無料で利用できるキャンペーンが開催中!

期間は2021年1月11日まで。お見逃しなく!

>>>Amazon Music Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください