ソーラーチャージャーを使って気付いた3つのこと。

SPONSORED LINK

#ソーラー #ソーラーパネル #ソーラーチャージャー

カカオさん(@kakao717)が投稿した写真 –

ソーラーチャージャーを買ってからというもの、雨が降っていない日はいつもせっせとソーラー発電してます。

そんな日々で気付いた三つのことをまとめました。

 

1、Kindleの電力もまかなえる

ZenpadとiPod touchを充電するつもりで買ったソーラーチャージャーなんですけど、その後購入したKindle Paperwhiteの充電にも使えるんで助かってます。

僕が使っているRAVPowerは直でKindleと繋いでも充電できました。

あまり直で繋ぐことはないですけどね。大抵はモバイルバッテリーに充電して~てな感じです。

おかげさまでKindleを家庭用コンセントから充電したことは今のところ一度もないです。

Kindleはバッテリーの持ちがイイんで、ソーラーチャージャーがあれば今後もソーラーだけでどうにかなりそう。

 

 

2、モバイルバッテリーは二つあったほうがイイ

梅雨時はろくに充電できなくて、さすがにZenpadやiPodはコンセントから充電する日もありましたねぇ。

雨や曇りが続くとどうにもならんです。

逆に、晴れの日が続くと今度は電気が余ります。

毎日ガジェットの充電はしているんですけど、それでも晴れの日が数日も続くと、ガジェットに使う電力より太陽光で得られる電力のほうが上回ってしまうんです。

ソーラー発電したいのにモバイルバッテリーは満タンなんで充電できない、なんて日が結構ありましたね…。

というワケなんで、モバイルバッテリーは予備にもう一つあったほうがイイと思います。

もし満タンになってしまっても予備のバッテリーに充電するというワケです。

ガジェットの使用頻度にもよりますけどね。僕は最近Kindleをよく使うようになったんでタブレットの使用頻度がかなり減ってるんですよ。

そのため充電に必要な電気もまた減っているという。

これからソーラーチャージャーを購入される方は、まずはモバイルバッテリー1つでイイかと。

僕はこれ↓を使ってます。

 

3、停電への恐怖が薄れる

災害時に停電になった場合に、冷蔵庫やら明かりが消えてしまう恐怖は未だにあります。

ただ、ガジェットに使う電気については問題なくなったんで若干ではありますが停電への恐怖が薄れましたね。

災害時の情報収集は大切ですから。うん。

ちなみに災害が起こってからソーラーチャージャーを買おうとすると、買えないかもしれませんよ。

※関連記事:災害時に供えてソーラーチャージャー買ってその翌日にAmazonを見たら在庫がなくなっていた件について

買うなら在庫があるうちに、ですな。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)