この二つがないと僕は小説を書くことができないかもしれない…。

SPONSORED LINK

出先で小説を執筆しようと思った時に、いつも使ってる執筆グッズを忘れてしまったことに気付きどうにもならなかった。

そんな僕にとっての「ないと困る!」執筆グッズを紹介します。

 

全ては集中力のため

キングジム デジタルメモ ポメラ 専用ソフトケースセット DM100A ブラック
まずはなんと言ってもポメラです。

出先で忘れたことに気付いた執筆グッズがコレなんですよ。テキストを打つことだけに特化させている一品。

ネットもできないしゲームもできません。

が、

それがイイんです。

余計なことに惑わされないで執筆に集中できますからね。

ポメラDM100には辞書機能も付いてるんで、コレ一台あれば電子辞書はいりません。

最終的にはPCにデータを移動させないとどうにもならないんで、そこが手間ではあります。ただ、得られる集中力は何物にも変え難い。

ここらへんはトレードオフですね。

執筆に大切なのは集中力。とにかく、集中力です。

僕が買ったときはポメラ本体とソフトケースは別で買ったんですけど、今はセットのやつがあるんですなぁ。

羨ましい。

 

 

名付け親が使うアイテム


ポメラの次によく使うのはネーミング辞書ですね。

昨今の僕の作品がファンタジー寄りだからというのもありますけど。

一つの単語を各種言語で載せているところがミソ。とても見やすい構成でオススメです。

キャラの名前だけに特化させたネーミング辞書などもあるようなんですけど、僕はこれ一冊で間に合ってますね。

今後買うかもしれませんけど。

ただ、最初の一冊ならコレをオススメします。

 

クリエーターのためのネーミング辞典 (一般向辞典)
学研マーケティング
売り上げランキング: 15,433

 

※オススメ記事

三年間一次選考落ちを続けてた僕が毎年電撃大賞で一次通過できるようになった裏話。この本を参考にしましたよ。

電撃大賞の拾い上げについて考えてみた

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。

※カカオのオススメ本たち

2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!