文教堂で本を売ってみた

SPONSORED LINK

先日、久しぶりに文教堂に行ってみたら本の買取を始めていました。いつの間に……。

というわけで早速どんなものなのか、手持ちの本でいらないものを見繕って売ってみました。

結果は以下の通り。

  • 一般書籍(文庫)×4冊、各10円買い取りで40円
  • ラノベ×1冊、40円買い取り。

合計80円

ひゃっはー(笑)

まず一般書籍はどれも一年ほど前の小説で状態はきれい。

ラノベは一ヶ月近く前に発売されたもので状態は新品同様。

これならブックオフのほうがまだ高く買い取ってくれそうですな。試しに五冊だけにしておいてよかった。

高価買取してるタイトルを狙えばいけそう。

ただ、文教堂は高価買取しているタイトルが決まっていて、それに当てはまっていれば結構なお値段で買い取ってくれる模様。

店内に張ってある高価買取表を見ましたけど、東野圭吾や宮部みゆきといった大御所のタイトルがずらりと並んでおりました。

なので一概に安いわけではないです。

もし手元に高価買取してるタイトルがあるのなら、文教堂へ売却してしまったほうがいいかもしれません。

買取りできない本について。

ちなみに買取できない本についてはわかりませんでした。状態が悪かったり古かったりだと思うのですが、そこらへんはスタッフまで。

スタッフに訊ねるのが手っ取り早いです。

こういうのってケースバイケースですからね。

お客さん
値段がつかなさそう…

と勝手に思って持っていかないのは勿体無い。ダメ元で持っていくコトをオススメします。

そういえば値段の付かなかった本は処分してくれるのだろうか。そこらへん聞いておけばよかった。

【まとめ】

本棚を整理すると、いらない本が出てくるでしょう。

そんなとき、近くに文教堂があって買取りサービスをしていたら利用してみるのも手ですね。売る本にもよりますけど。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください