タブレットを使い始めてから一年が経って思った。僕はもうタブレット無しじゃムリだ、と。

SPONSORED LINK
IMG_6045_R

去年の八月末にZenpadを購入してから一年以上が経ちました。
一年経って改めてタブレットについて思うことをまとめてみます。

 

でっかい画面はイイことだ

スマートニュースを読むにせよ、

Kindleアプリで漫画を読むにせよ、

ツイッターのTLを流し読みするにせよ、

Yotubeでゲーム実況を視聴するにせよ、

 

タブレットのようにデカイ画面のほうが見やすくてイイなと、一年経って思いました。

 

感覚的に新聞を読んでいる状態に近いです。6インチのスマホだといささか中途半端だし、それより小さいと肩が懲ります。

けれど8インチクラスともなると、机の上に立てかけて悠然と構えて眺めたりもできます。

8jag39uh69po1nhq48e7vx
↑こんな感じでw

特に漫画は断然タブレットですな。

僕はKindle Paperwhiteも持ってるんですけど、漫画は相変わらずタブレットで読んでます。Kindle Paperwhiteでももちろん普通に読めるんですけど、カラーページもあるし、何より大きな絵で見られるのがグッド。

 

デメリット

デメリットを上げるなら、まず携帯性の無さですねぇ。

これは買った当初から分かっていましたけど。出先ですすっとポケットからスマホを取り出すような真似はできないんですよ。

カバンの中をガサゴソと漁ってタブレットを出して~、てな具合です。

それでも8インチなんでまだスマートに扱えるほうです。

10インチオーバーだとさらに面倒くさそう。特に混んだ電車の中とか…。

あとゲーム系のアプリはちょいちょい対応してなかったり。

スマホ買おっかな…と思った瞬間ですねw

 

創作の手助けになってます。

小説を書いている僕ならではの感想なんですけど、小説に必要な資料をKindleで買って、それをポメラの横で表示させっぱなしにすることもあります。

これがね、最高なんです。

絵や図がある資料なんかは大きな画面で見るのがベストで、それが横でちょいちょいと見られるのは一度やったらやめられないですよん。

5インチのスマホじゃ厳しい芸当です。

あと僕はCharacter Plannerというアプリを使っています。

簡単に説明すると、キャラクターの設定を管理できるアプリです。

これも大きな画面だと見やすくて助かるんですよねぇ。うん。

結局のところ大切なのは「画面の大きさ」ですな。

 

まとめ

デメリットを挙げてみましたけど、それでも僕はタブレットは手放せませんね。

特に創作面でかなりお世話になってますんで。もし今使ってるZenpadが壊れたら、また別のタブレットを買うでしょう。

たぶん7~8インチ。

このサイズがやや面倒ながらも携帯できて、快適な大きさの画面を提供してくれるギリギリのサイズだと思うからです。

ゲームについてはまぁ仕方ないかなぁと諦めてます。Steamで買った積みゲーがまだどっちゃりありますしそっちからやりますよw