『春期限定いちごタルト事件』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

米澤穂信さんの『春期限定いちごタルト事件』を読了したので感想をば。

 

軽めの推理モノ

高校に入学したばかりの小鳩と小佐内。ふたりはわけあって「小市民」を目指すために、自分のキャラというか特性を封印し大人しくしていることを誓った仲である。

そんなふたりだったのだが、高校に入学してからというもの事件に巻き込まれ、小鳩は封印したはずの推理を、小佐内は他人への復讐という悪癖を解放してしまう。

連作短編で、軽めの推理モノといった趣でした。サクッと読める。

個人的にはココアの話がよかった。まさかパックごととは(笑)

 

コンビ

小鳩と小佐内のコンビが凸凹ではないにしても特徴的なコンビに仕上がっていた。

ふたりの過去についてはこの巻では開示されていないけれど、とにかくふたりが自分のキャラを悪癖だと捉え、それを封印しようするも結局ダメになっているところが面白い。

推理モノではあるんですけど、個人的には小佐内さんのステルススキルを大いに盛り込んだスパイモノにしてほしいかなと(笑)

思わずクスッと笑えるほんわかミステリー。

タイトルの通り甘いものも盛りだくさん。

殺伐としたシーンは一切ないので、まったりとした気分になりたいときにオススメの一冊です。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください