『夏期限定トロピカルパフェ事件』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

夏期限定トロピカルパフェ事件 小市民シリーズ (創元推理文庫)

 

米澤穂信さんの『夏期限定トロピカルパフェ事件』を読了したので感想をば。

 

小佐内スイーツセレクション・夏

春期から時が経ち、小鳩たちは高校2年になった。その夏休みに起こる事件を描いている。

小佐内さん作のスイーツセレクション(ランキング仕様マップ付き)を与えられた小鳩はその夏、小佐内に連れられて様々なスイーツショップに行く羽目に。しかしスイーツショップに行くことは小佐内さんの目的のうちの一つに過ぎず…。

今回も周到に練られた事件で、読み応えがありました。

1番面白かったのは第1章の「シャルロットだけはぼくのもの」ですね。

小鳩が犯人になったというのもあるし、甘い物嫌いの彼がシャルロットを必死に食べるべく犯行を画策する様がまた笑えました。新鮮な気分で読めたエピソードです。こういう話、また書いてほしい。

SPONSORED LINK

今回も過去は語られず

小鳩と小佐内さんがなぜ小市民を目指すことになったのか。原因となった過去については今回も語られることはありませんでした。

今回の事件で関わった石和が小佐内の過去に絡んでいるのかもしれませんけど、小佐内さんは多くの復讐をこなしていそうですのでちょっとわかりません。

小鳩については小佐内以上に不明です。なぜ推理を封印することにしたのか。結局は封印できてませんが。

ただ、小佐内さんといういわば「逃げ」を失ったことによって、小鳩が今後どうなっていくかが気になるところ。というか和解してくれ。

続きは『秋期限定栗きんとん事件』に持ち越された(←すでに買っている人)。

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)