焼き芋を食べるたびに思い出す自分の弱さ。

SPONSORED LINK

スーパーで焼き芋が売ってたんで買ってきました。
食べてみたら甘くて、皮のカリカリ感も合わさって美味しかったです。
え?
皮食べない?

焼き芋だと、僕は皮ごと食べちゃうんですよねぇ。
カリカリしてて美味しいですよん。

 

焼き芋を食べたいのに我慢した小学生時代

今年度初の焼き芋を食べてすぐに、
僕は小学生時代のコトを思い出しました。

小学5年の頃だったかな。
僕を含め友人5人でスケートに行ったんです。
初めてのスケートは散々な内容だったので割愛w
問題は、スケートの後です。

友人のお父さんが車で迎えに来てくれたんですよ。
僕達は乗せてもらって帰路へ。
その車中で、

 

友人の父「うちで焼き芋やるんだけど食べる人~」

手ぇ挙げて~、みたいなノリでした。

僕「はっ…………」

 

焼き芋大好きだったんで勢い良く手を挙げようとした僕だったんですが、どうにも周囲の空気が止まっていたので僕も挙手の手を強制終了させてしまいました。
何事かと友人たちを窺ってみると、何やら乗り気でない様子。
…………。

 

え、みんな焼き芋食べに行かないのん?

 

そのとき、僕がどういう行動に出たのかというと、周囲に合わせて焼き芋のお誘いを断りました。

SPONSORED LINK

自分がどう思うか、どう思いたいかが大切

すんごい小さいコトです。
でも今でも焼き芋食べるたびに思い出すんですよねぇコレ。

あんとき食っときゃよかったぜ、って(苦笑)

今思い返してみても、友人の父は「焼き芋をする」って言ってたはずなんです。
それはつまり、落ち葉などで火を起こすところから始めると思われる。
くぅ…やりたかった。
でもコレは僕が悪い。

 

みんなが来ない、
みんなと違うコトをするのが恐い。

 

そんなちっさいコト考えて行かなかったんですから。
僕にとって大切なのは、
僕がどう思うか、
どう思いたいか、
それだけです。
周りなんて気にせず、焼き芋食いたい!って手を挙げておけばよかったんです。

逆に、嫌だったら断ってイイんです。
例えば行きたくもない飲み会に行くのは不毛じゃないですか。
それと同じです。

僕の場合は、断りたくないのに断ってしまったんですよね…。
周りなんてどうでもイイじゃんかよ小学生の僕よ…。
オマエ、焼き芋食いたかったんだろ?
大人になったオマエは、スーパーで買うっきゃないんだぜ?
あぁ、焚き火が恋しい。

最近は火にうるさくて焼き芋なんて外でしようものなら消防車呼ばれるコトもあるんです(苦笑)

地方だったらそんなコト気にせず焼き芋できるんですかね…。

 

パール金属 いろりや ホーロー やきいも 鍋 22cm H-2650
パール金属
売り上げランキング: 3,502

 

※オススメ記事はこちら
デスクボードを使って執筆環境を改善したよっ!

続・明日があると思って生きるなよ?

職業欄が「無職」でも誰も気にしないよ。元古本屋店員が語る職業欄について。

※カカオのオススメ本たち
2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)