意識を失って倒れたときの話

SPONSORED LINK

先日のことなんですが、電車の中で意識を失って倒れてしまいました。原因はわからないのですが、とにかくお腹が痛くなって気がついたら近くにいた乗客の方が僕を覗き込んでいて「大丈夫ですか!?」と声をかけてくださってました。保護してくださった方には感謝してもしきれません。ありがとうございます。

ちなみに、検査しても結局原因はわからず。

実はこれと同じ症状を学生時代にも体験していて「またか…」と思いましたね。ホント、何なんだろ…。

ストレスによるものではないかという周囲の声に、そうなのかなぁと思ったりもする。自分、メンタル激弱なんで。

僕の知り合いにストレスで手の甲に湿疹ができてしまう人がいるんだけど、僕はそれの酷い腹痛&気絶バージョンなのかもしれない。……嫌だな。

腹痛はないけれど…

ただ腹痛は目が覚めたときには全く感じてませんでした。

問題はですね、首、肩、腰ですよ…。

倒れたときに僕は頭から倒れたらしく、まず頭を強打。その際に頭だけで体重を支えた僅かな時間によって首に多大な衝撃と負荷がかかり痛め、そこから肩、腰へと繋がっていたのでは……(推測)。

僕を助けてくれた方が「頭から倒れてたんで心配ですね…」と仰っていました。頭のほうはコブができているだけでとりあえず無事です。

ただ首、肩、腰は未だに痛いですねぇ。

そのせいで机に向かうこともままならず、ろくに執筆が進みませんでした。大体30分ぐらいが限度でしたね。

僕の場合、いつもスロースターターなもんで30分ほど「うーむ」などと考え込んでから執筆をスタートさせるほうなので、スタートさせる頃には腰がもうもたないというね…。

ブログの更新ぐらいなら問題なかったんですけど。

現在は…。

現在はというと、随分と首、肩、腰が楽になりましたね。とくに首と肩についてはもうほとんど痛みを感じない。

腰がまだちょっと痛みますね。痛むというか、疲れやすいというべきか。

ずっと机に向かっていると疲れてきて少し横になったりする感じです。

そんなわけで遅れてしまった執筆活動なんですが、あえて「遅れを取り戻さねば!」と焦ることはしないけれど、徐々にペースはあげていこうかなと思います。

とにかくね、物語をね、書きたいよ。うん。