WEB作家にオススメしたいTwitter管理ツール

SPONSORED LINK


最近使い始めたTwitter管理ツールがイイ感じだったので紹介します。

僕がオススメするのはSocialDogという管理ツールです。

SocialDogのココがイイ。

分かりやすいメニュー画面


似たようなツールは他にもあるんですけど、SocialDogは全て日本語でメニュー画面もキレイで分かりやすいのがイイですね。

しっかりと説明もされているので迷うコトはありませんでした。

予約ツイートからフォロワーの管理などなど、サクッと設定できます。

無料プランでも十分に使える。

有料プランも用意されているんですけど、僕は無料プランのまま使っています。僕が必要とする機能は無料で十分に使えるんですよ。

WEB作家が必要としそうな機能は概ね備わっていますね。

無料プランでも2つのアカウントまで管理ができるので、本垢と宣伝垢に分けているWEB作家もSocialDogは使えると思います。

もし有料プランに興味が出たら、14日間は無料で試せるので利用してみるのもイイですね。

料金プランはこちら

安心感

そしてTwitterの基準に準拠しているというところに安心感が持てます。

Twitter 公式「Twitter ルール」「自動化ルール」に完全準拠した機能のみを提供しています。

僕はこの点が気に入ってSocialDogを使うコトにしました。

管理ツールはたくさん存在しますけど、ルールに則っているのかが恐いですからね。

カカオ
アカウントロックとか勘弁だよ…。
SPONSORED LINK

なぜWEB作家にオススメなのか。

タイトルにあるようにオススメのTwitter管理ツールの紹介なんですけど、そもそもなぜ「WEB作家」に限定したのか。

それは、WEB作家の多くがTwitterの使い方が完全に自動宣伝ツールとなっているからです。
自動ツイートで同じ宣伝を流してるだけのアカウントもかなりありますよねぇ。

僕は作家クラスタ以外にプラモとブロガー界隈の方々のツイートもよく見てますけど、宣伝ツイートと他作家の宣伝RTだけっていうのはWEB作家以外ではあまり見ないです(苦笑)

「定期」はやめておこう。

特に「定期」と付けて自動ツイート状態にすると、いかにもいつも同じツイートをしていて使い回してる感が半端ないです。

実際、同じツイートを使い回しているんですがw

これもWEB作家以外であまり見かけないですな…。
あえて「定期」と付ける必要性はないでしょう。

自動宣伝ツールではなく「半自動宣伝ツール」にしよう。

正直に言うと、Twitterを宣伝ツールとだけ捉えて使うのって勿体ないんですよ。あのSNSほどスピーディーで面白い話題が飛び交ってるとこは日本じゃありませんから。

自分のツイートがバズったりするコトもありますし。以下のツイートは2万RTを越えましたよ。

でもこれまでずっと自動宣伝ツールとしてTwitterを使ってきたWEB作家にいきなり

カカオ
自動はやめろやw

と言うのも酷です。
なので、せめて「半自動宣伝ツール」にしてみてはどうでしょう?

自動投稿の数を減らし、予約投稿を増やすのです。

SocialDogにはどちらの機能もあるので、半自動宣伝ツール化が可能ですよ。

自動投稿と予約投稿の違い

自動投稿

自動投稿とはスケジュールを決めて、その日時から来るたびに自動でツイートしてくれるコトを指します。

例えば、毎日午後三時になると小説の宣伝をツイートされるよう設定すれば、スケジュール通りにこなし続けます。

予約投稿

では予約投稿はというと、日時を決めるところまでは同じですが、投稿されるのは1度きりです。例えば最近の僕の場合だと


↑このツイートは予約投稿です。ブログが更新された3分後に投稿されるようにしてあります(3分後に特に意味はないw)。

このツイートが自動投稿のように繰り返されるコトはありません。

SocialDogの場合だと、メニューの「予約投稿」にここで言う予約投稿と自動投稿がひとまとめにされています。

予約投稿は、メニューの「予約投稿」の中にある「予約投稿一覧」を選び、画面右端にある「予約投稿を追加」からできます。

自動ツイートは「投稿ストック」から設定できます。

なぜ予約投稿をオススメするのか。

僕が予約投稿を選んでいる理由は、同じ宣伝文句を使いたくないからです。

前述の通り、使い回している感じがどうにも嫌ですし、何より効果があるとは思えません。

ツイートの使い回しの効果は?

WEB作家がなぜTwitterに宣伝ツイートを流すのかと言えば、小説投稿サイトを除くとTwitterぐらいでしか宣伝をする場がないし、宣伝しないと自分の小説が存在するコトを示せないからです。

WEB作家
宣伝しなけりゃどうしようもないんだよ!
カカオ
分かる、それは分かるよ(苦笑)

でも、同じツイートを延々と繰り返すコトに効果が見込めるとは思えません。
そりゃあフォロワー数を多くしてお返しRTしてもらえばインプレッション数もそれなりにはなりますよ。

けれど実際に効果があるかは疑問ですね…。

RT非表示にされている可能性もあるので、宣伝RTをしあっている者同士でインプレッション数を上げているようにしか僕には思えないのですがw

しかもどんなにインプレッション数を上げても、肝心なのは小説のリンクをクリックしてくれたかどうかです…。

予約投稿を利用して宣伝文句を変えよう。

僕が時々やっている方法なんですが、


↑このツイート、実は予約投稿による宣伝です。宣伝っぽく見せないで新たな情報を付加しているのがミソ。

WEB小説やブログって「更新しました!」ってな具合に宣伝しがちですけど、上記のツイートのような具合にする方法もあるので、気に入った方はパクッてください。

この方法なら宣伝文句を変えていけば、リンクは同じでも印象は毎度変えられますよ。

WEB小説の宣伝なら簡単なキャラや設定の紹介を盛り込むとイイかもしれません。可能ならイラストがあるとグッド(難しいでしょうけど…)。

WEB作家がSocialDogで使えそうな他の機能

僕は主に予約投稿しか使ってませんが、SocialDogには他にも多くの機能があって、無料でもある程度は使えます。

  • サンクスツイート(フォローしてくれた人に自動的にお礼をツイートする)
  • フォロー・フォロワーの整理ができる。
このぐらいですね。ほかにも便利そうな機能はあるんですけど、無料だと制限がかかっていてちょっと微妙です。

ただ、フォロワーの管理がしっかりできるのは宣伝を主な目的とした方にはイイのでは?
当たり前ですけど、フォローされてない人に自分のツイートは届きません。宣伝が目的なら自分をフォローしていないアカウントは外してしまっても問題ないでしょう。

カカオ
僕?
僕は面倒なのでやってないっす。
それにフォローする人は基本その人のツイートが好きだから、っていう理由でフォローしてるからね。フォローされていようがいまいがどうでもええですw

ただSocialDogの機能に、アクティブになっていないアカウントをピックアップする機能があったので、1年以上音沙汰のないアカウントは外してみました。…この作業も僕には向いてないな(苦笑)

SocialDogでなくてもできます。が…

ちなみにフォロワーの管理も別のツールでできるんですけどね。

でもTwitterのルールに準拠しているというSocialDogの安心感もあって僕は今のところ他のツールを使う気にはなれません。

アカウントロックとか勘弁ですよ…。

もちろんSocialDogを使っているからと言っても、1日で大量にフォローやフォロー外しをしているとアカウントロックされる可能性はありますのでほどほどにしましょう。

ツールがルールを準拠していても、使い方がアウトじゃ意味ないです。

【まとめ】

Twitterって確かに宣伝にはうってつけなんですけど、僕はTwitterの楽しさは情報がスピーディーに飛び交って拡散していくところにあると考えています。

ネタ画像から真面目な意見まで、TL眺めていると時間忘れちゃいますよ。

その情報の飛び交ってる波に、宣伝ツイートも1つの情報として流していくのがポイントです。イメージとしては波乗り。

「定期」と付いたツイートばかりしていては、下手するとミュートされて波に乗るどころか浜辺で佇んでいるだけになってしまいますよw

とはいえ前述の通り、いきなり自動宣伝ツイートをやめるのは酷なので、予約投稿と半々ないし少しずつ予約を増やすのがイイでしょう。SocialDogの画面は分かりやすいので、すぐに使えると思います。

カカオ
Twitterの運用の仕方にはついては、ブロガー界隈を見るのが1番参考になるよ~。興味のある方はチラッと覗いてみるとイイねっ。参考になること請け合いだぜ?

【検証】WEB小説に関係のないツイートがバズると読者は増えるの?

2017.07.12

【まとめ】小説家のたまごがフォローすると参考になるTwitterアカウント3選

2016.02.08